阪神、ドラフト1位候補に明大・高山俊選手をリストアップ

明治大, 高山俊

 阪神はドラフト1位の指名リストに明大の高山俊選手が入っていることが分かった。球団幹部が話をしている。

外野手

 球団幹部によると「うちの外野陣は1年間レギュラーを張れる生え抜きの若手がいない。」とチームの現状を話し、「今年はそこを補強してもいいのではないかという意見もありました」と話した。

 阪神は県岐阜商・高橋純平投手や東海大相模・小笠原慎之介投手を候補に挙げているが、捕手やポスト鳥谷、外野手も補強ポイントとしてここ数年投げられており、トヨタ自動車の木下拓哉捕手、仙台育英の平沢大河選手などの名前が挙げられている。そして外野手については関東第一のオコエ瑠偉選手や青学大・吉田正尚選手、慶大の谷田成吾選手などがいるが、明治大の高山俊選手を筆頭に挙げているようだ。

 高山俊選手は日大三時代の夏の甲子園優勝メンバーで、高校時代も阪神が注目していた。大学に入ると4年春までに117安打を記録し、この秋にもリーグ記録の127安打を更新する可能性がある。ただ高山選手の場合はコツコツとヒットを打つのではなく、フルスイングで長打が狙える中距離ヒッターで、また俊足を生かしてのバントヒットなども狙える。

 

1位指名は

 今のところ阪神は、例年通りというか投手の1位指名が濃厚でU18でもあまり目立つ活躍が見せられなかったものの、県岐阜商の高橋純平投手の指名をする可能性が高い。

 ただし球団幹部も話すように、野手の補強ポイントを埋めることも重要で、特に仙台育英・平沢大河選手や高山俊選手などは2位以下では獲得できない可能性が高く、高橋投手と天秤にかけ1位指名を決める形になりそうだ。高橋投手を指名した場合には、外れ1位でパナソニック・近藤大亮投手などもいるが、平沢選手、高山選手が残っている場合には指名をするとみられる。

阪神タイガースのドラフト会議メインページ

どら1候補に明大高山浮上 スポーツニッポン紙面 2015/9/17

 


PAGE TOP