阪神が新入団選手発表、選手の横顔と戦力アップ分析

阪神がドラフト会議で指名された6人の入団発表を行った。選手の横顔やプロでの活躍の姿、チームの戦力アップなどについて意見を書きます。

阪神2015年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 高山俊 明治大 180cm86kg 右左 10000 1500 9
2 坂本誠志郎 明治大 176cm78kg 右右 7000 1200 12
3 竹安大知 熊本ゴールデンゴールズ 183cm80kg 右右 5000 840 42
4 望月惇志 横浜創学館 188cm84kg 右右 4000 500 61
5 青柳晃洋 帝京大 181cm79kg 右右 4000 720 50
6 板山祐太郎 亜細亜大 180cm79kg 右左 3000 720 63

 

 新人選手の横顔

ドラフト1位・高山俊選手 期待度1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

今年の野手の注目選手となった高山俊選手、高校時代は日大三で3年夏に全国制覇し、その当時から走攻守そろった選手として評価が高かった。大学でもリーグ通算131安打を記録、リーグ新記録時もやや当てる打撃になっていたもののあっさり達成し、底知れない精神的な強さを見せた。高校、大学とケガもなく成長を続けた選手といえる。

俊足を生かすこともできるし、強い打球を放つ強打者にもなれる。1番打者にも3番打者にもなれる選手で起用法が幅広く、活躍する機会が多くなりそう。金本監督は長打力を伸ばして主軸にと考えておりそれにも対応できる選手だが、いろんな事をやってくる選手という怖さも残してほしい。きっちりと仕事をこなしたり、打席でどっしりと構えていたり、ポーカーフェースでドラフト会議で真中監督の勘違いがあっても動揺を見せなかった。この強さはプロでも生きてくる。

ここ数年の外野手では間違いなくトップクラスの選手、金本監督も我慢をして起用をしてくれそうで、外野の鳥谷という存在になっていきそう。

ドラフト2位・坂本誠志郎選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

打撃や肩の強さといった身体的なパワーは、ほかの捕手に比べると物足りない感じがするのは否めない。ただし、ほかの強肩捕手や打撃のある捕手の候補がいる中で坂本選手を選んだのは、基本に忠実なプレーとスローイングの正確性、投手や監督などとのコミュニケーション力を評価してのことだろう。強肩でも活躍できない選手もいるし、打撃があってもそれを生かして別のポジションに転向してしまう選手もいる。捕手は肩の強さや打撃ではないという事を、阪神スカウトが訴えているようにも思える。

捕手としての総合力を活かしたリードやボールを止める姿勢で投手の信頼を得たい。相手は足で攻めてくると思うが、そのときに投手と連携してどれだけ抑え込めるかが勝負。

ドラフト3位・竹安大知投手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆

肘のしなりがあり、バッターに近い所で指で切ることができる投手だと思う。球速も140キロ中盤の速球もある。しかし球の力で押すというよりは変化球やコントロールで打ち取るタイプ。その場合、変化球もコントロールもまだまだ1軍では厳しい。21歳と若い投手なので内外角にストレートを差し込めるようにしたい。

ドラフト4位・望月惇志投手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆

188cmから148キロの速球を投げる投手で1年時から注目されていたが、3年生になってもまだ力投げで粗い。高校でも登板機会がまだ少なく信頼して起用できる投手ではなかったが、今年夏の5回戦平塚学園戦では、可能性にかけて先発起用され、13安打を打たれたものの何とか5失点と粘りを見せた。

プロに入ればいきなり伸びるというタイプではないが、この大型でパワーのある投手をどのように育てるか注目したい。

ドラフト5位・青柳晃洋投手 期待度 1年目:☆☆ 3年目:☆

サイドハンドから140キロ前後のシュート回転する速球と外から入れてくるスライダーで打たせて取る。プロの打者でも気持ちよくスイングできない投手かもしれないが、それほど緩急の差がなくヒット狙いで来られると粘られて厳しい感じがする。特徴のある球やフォームなどを早く見つけることが大切だろう。それができれば、リリーフで長い間投げられる投手になるかもしれない。

ドラフト6位・板山祐太郎選手 期待度 1年目:☆ 3年目:☆☆

大学3年の春からレギュラーとなり、3年春は打率.333、4年春は.364を記録した。高い身体能力があり足もある選手で素質を見込んでの指名。大学で成長し伸びしろのある選手だが、江越大賀選手、高山俊選手と外野のポジションを争っていくことになり、厳しい戦いになるのは間違いない。代走や守備固めなどからチャンスをつかみたい。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆☆☆☆ 3年目:☆☆

その年のドラフトで一人が活躍すれば成功と言われる中で、高山俊選手は活躍する可能性が高いと考えられる。主軸を打つセンターが獲得できたことは大きい。

ただし、2位以降の指名については、特徴がある選手を獲得したがその特徴がやや弱い印象があり、もしかすると早い時期に通用しないと判断される選手も出てくるかもしれないというリスクの高い指名している。全体的にもう1ランク下げても獲得できたのではないかという印象があり、高山選手が成功したとしても「もっと良い指名ができたのではないか」という思いはが残るかもしれない。

そういう意味で3年後については、他球団の指名と比較して☆は2つとした。


PAGE TOP