阪神・佐野スカウト部長、今年もドラフト1位指名は「ドラフト当日に決定」

田中正義

阪神の佐野スカウト部長は5日の仕事始めに際し、今年のドラフト1位指名選手について「ドラフトの当日に決定しようと思っています」と話した。

縁起かつぐ?

阪神のドラフト1位候補について、創価大・田中正義投手に注目をしているが佐野スカウト部長は「後から行った方が当たりやすいかもしれない」と話した。

阪神は昨年のドラフト1位で県岐阜商・高橋純平投手、明治大・高山俊選手の候補が挙がっていたが、ドラフト当日に金本監督が高山選手の1位指名を決定し、抽選で見事に獲得をしている。佐野スカウト部長のコメントは、田中正義投手について他球団の状況を見極めるという意味もあるが、縁起を担いで田中正義投手を指名するという意味もある。

日大・京田陽太投手や流通経済大・生田目翼投手の名前も挙がる阪神のドラフト戦略、今年は故・中村GMから変わった事もあり注目される。

2016年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-大学生のドラフト候補リスト

すでに球団として1位の最有力候補にランクしている創価大の156キロ右腕・田中正義投手(3年)について「クジになるだろうね。後から行った方が当たりやすいかもしれない」と注目発言。


PAGE TOP