阪神、ドラフト指名ポイントに即戦力右腕・左打ち遊撃手、高校生左腕

京田陽太, 佐々木千隼, 吉川尚輝, 寺島成輝, 山岡泰輔, 田中正義, 酒居知史, 高山優希

阪神は、今年のドラフト会議の指名する選手について、即戦力右腕、左打ち遊撃手、高校生左腕を獲得することをポイントとしていることが分かった。

補強ポイントに選手が多い

球団関係者は「補強ポイントはそのあたりになってくるんじゃないか」と話し、即戦力右腕、左打ち遊撃手、高校生左腕の選手について、「いずれの部門にもいい選手が多いというのは聞いている」と話した。

即戦力右腕は藤浪晋太郎投手のライバルとなる存在で、先発のもう一つの柱になれる投手という事で、候補としては創価大・田中正義投手や池田隆英投手、桜美林大・佐々木千隼投手、東京ガスの山岡泰輔投手と大阪ガスの酒居知史投手などが候補となる。他にも流通経済大の生田目翼投手、慶応大の加藤拓也投手、明治大の柳裕也投手、九州産業大の高良一輝投手などもおり、好選手がそろっている。

左打ち遊撃手は鳥谷敬選手の後継者、すでに阪神スカウトは注目選手のマークに動き出しており、日大の京田陽太選手にはスカウトが6人態勢で視察、また中京学院大の吉川尚輝選手には和田SAが視察をした。ほかにも早稲田大の石井一成選手も候補に挙がる。他にも東洋大の阿部健太郎選手、中央大の松田進選手などもいる。

そして高校生左腕については、チームの中で最も若い左腕投手は22歳の横山雄哉投手で、岩貞祐太投手が先発として花開いたこともあり、次世代の左腕投手の獲得を目指す。候補としては履正社・寺島成輝投手、大阪桐蔭・高山優希投手などの名前が挙がる。ほかにも花咲徳栄の高橋昂也投手、二松学舎大付の大江竜聖投手、神戸国際大付の東郷太亮投手などもいる。

誰を最初に持ってくるか

しかし3部門とも当然のことながらトップクラスの選手は他球団も注目をしている。田中正義投手、山岡泰輔投手、京田陽太選手、吉川尚輝選手、寺島成輝投手はドラフト1位でしか獲れない選手だろう。

阪神は最終的に監督が1位指名の選手を決める。ここに挙げられた選手の中から金本監督が最終的に選ぶのは誰か、ドラフト直前のスカウト会議で決定する事になる。

昨年は投手の指名濃厚というなかで、明治大の高山俊選手を選択した金本監督、高山選手が1軍で活躍を見せており、今年も自信をもって自分の考えを貫きそうだ。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

同幹部も「いずれの部門にもいい選手が多いというのは聞いている」と明かす。


PAGE TOP