横浜・藤平尚真投手は「プロ目指す」、プロスカウトも高評価

横浜高, 藤平尚真

履正社vs横浜が対戦し、横浜高校の先発は石川達也投手が先発したものの、履正社打線につかまり、ドラフト1位候補の藤平尚真投手が1回2アウトから登板した。

雷雨中断と緊急リリーフ

横浜高校は左の打者が多い履正社に対して、左腕の石川投手が先発した。藤平投手と石川投手はこれまでもほぼ交互に先発をしており、石川投手の先発は予想通りだったといえる。その石川投手は初回は三者三振のピッチングを見せた。履正社の左打者から大きなスライダーでストライクを取り、外角高めの速球を空振りを奪った。しかし2回に先頭の安田尚憲選手にヒットを許すと雲行きが変わる。雷雨による中断のあと特大の3ランホームランを浴び、その後も2つの四死球を与えて降板した。

リリーフしたのはライトを守っていた藤平尚真投手だった。3回までは石川投手で行くという事だったようで、「2回に投球練習をする予定だった」と藤平投手は話したが、緊急登板という形となった。その影響もあってか140キロ中盤の速球を記録したもののそのストレートをキレイに弾き返され2点タイムリー2ベースヒット、5点目を与え履正社の背中が遠くなっていった。

藤平投手はその後ブルペンで投球練習で調整し、3回以降はスライダーをうまく使い、6回1/3を4安打7奪三振4四死球で無失点に抑える好投を見せたが、1-5で敗れ甲子園を去る事となった。もし藤平投手が先発だったらどんな試合になっていたか、そう思わせる内容だった。

プロを目指す

藤平投手は試合後に、「この後はプロ野球選手を目指してやっていきたいです」と話し、プロ志望を表明した。この日は多くのスカウトが視察に訪れコメントをしている。

阪神・北村スカウト:「中断とか難しいコンディションの中、フォークボールのように新しい球種を投げていた。投げっぷりがいいよね。重厚感があり下半身もどっしりしていている。勝敗に関係なく甲子園で成長している。12人の中には当然入ってくるでしょう。」

オリックス・中川スカウトグループ長:「外野から急なリリーフで、狙われた初球を打たれたけど、踏みとどまって抑える力を見せた」

巨人・山下スカウト部長:「走者を出しても崩れそうで崩れない投球をしていた。」

北海道日本ハム・大渕SD:「新たな一面が見えた。勢いがなくても粘る強く投げていた。伸びしろがある。」

今後、侍ジャパンU18代表に選出される事は濃厚とみられ、寺島投手とも同じチームになるだろう。そこで右のエースとしてチームを優勝に導き、秋にはドラフト1位で指名されるのは間違いない。152キロ右腕がプロでどのような投手になるのか、成長を見守りたい。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

横浜高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

熱望した寺島との投げ合い。148キロを計測した直球に加え、新球のシンカーも投入した。6回1/3を4安打無失点、7奪三振。「初回から投げ合いたかった」という思いはあるが、ライバルには笑顔で「絶対優勝してくれ」と声をかけた。

新球シンカーを解禁して3回以降は無失点。最速147キロを計測した藤平は「本当は1から9回まで寺島と投げ合いたかった」としながらも「得たものは大きい」と振り返った。注目の進路については「プロを目指す」としてプロ志望届を提出することを示唆した。「寺島と勝負できて楽しかった。甲子園は本当に良い場所だった」と振り返った藤平。

阪神・北村スカウト「中断とか難しいコンディションの中、フォークボールのように新しい球種を投げていた。勝敗に関係なく甲子園で成長している」

オリックス・中川スカウトグループ長「外野から急なリリーフで、狙われた初球を打たれたけど、踏みとどまって抑える力を見せた」


PAGE TOP