阪神、ドラフト1位は藤平尚真、寺島成輝、田中正義、佐々木千隼投手の4人から指名

佐々木千隼, 寺島成輝, 田中正義, 藤平尚真

阪神が、今年のドラフト会議のドラフト1位指名候補を、投手4人に絞り込んでいるとスポーツニッポンが報じた。1位指名候補は横浜高・藤平尚真投手、履正社・寺島成輝投手、創価大・田中正義投手、桜美林大・佐々木千隼投手、しかしその中で大学生の二人が一歩先んじているとした。

4投手を評価

記事では関係者の話として「即戦力投手の補強が必要な今年は一番いい投手に行くべきでしょう」と話しているものの、具体的に選手名が出たという情報はない。しかし即戦力投手の中で、4投手を高く評価しているという内容だ。

まず田中正義投手は昨年より高く評価しており、今年年初もドラフト1位候補の筆頭候補として名前が挙げられていた。春のリーグ戦で故障をしたものの、当然秋も追っていく。

次に桜美林大の佐々木千隼投手は、181cm83kgの体から最速153キロの速球を投げ、今年の日米大学野球では1戦目の先発を任されると、メジャー予備軍のアメリカ打線を7回3安打12奪三振1失点に抑えた。担当の平塚スカウトが密着マークをしており、「球質がいい。球速以上に速く感じると思う」と評価している。

高校生では寺島投手と藤平投手を高く評価しており、素材ならば寺島投手、藤平投手は将来のチームのエースになれる存在だが、チームの状況を見ると左腕投手は最近もドラフト上位で立て続けに指名をしており、逆に右はメッセンジャー投手と藤浪投手の二人だが、藤浪投手はやや不安な点も出てきている。チームとしては右の柱になる投手を獲得したいとし、田中投手、佐々木投手が有力としている。

阪神のドラフトが大成功になるには

阪神は補強ポイントとして遊撃手を挙げてきた。鳥谷選手の成績が伸びなくなっていることから今シーズンも当初はチーム成績も安定しなかった。最近になり北條史也選手が出てきているものの、セカンドやサードも選手が入れ替わる状況が続いており、遊撃手の層を厚くする意味も含めて内野手の獲得は必要だろう。

その中で中京学院大・吉川尚輝選手、日大・京田陽太選手もドラフト1位候補として挙げており、できれば二人のうちどちらかは指名したい。

シナリオとしては、優先度1番目は田中正義投手、佐々木千隼投手の即戦力投手を指名し、抽選で外した場合に、柳裕也投手など即戦力投手や有力どころの高校生投手が残っていればその投手を、残っていなければ吉川選手の指名という事になりそうだ。そしてドラフト1位で投手を獲得できたときには、2位で吉川選手や京田選手の指名ができれば大成功と言える。

また3位以降でも遊撃手の候補は何人か用意しておくとみられ、早稲田大の石井一也選手や高校生遊撃手などもリストアップしておく事になる。

1位 田中正義or佐々木千隼
2位 吉川尚輝or京田陽太

となれば、阪神のフロントも満足のドラフトとなりそうだ。ここまでうまくいかなかったとしても

1位 即戦力投手
2位 高校生投手
3位 即戦力内野手

でもまず満足できるドラフトになるのではないかと思う。

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

阪神タイガースのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

 

 高校生の寺島、藤平に関しても球団は即戦力級として高評価。素材なら田中、佐々木に勝るとも劣らないと見ている。ただ完成度は大学生2人が一歩先んじている現状。球団関係者は「即戦力投手の補強が必要な今年は一番いい投手に行くべきでしょう」と前向き。競合覚悟の上で「エース4枚」から最高評価の1人を選び出す。


PAGE TOP