阪神、創価大・田中正義投手の1位指名が有力か

創価大, 田中正義

サンスポコムによると、阪神がドラフト1位で創価大・田中正義投手を抽選覚悟で指名する方針が固まったとしており、また抽選では、昨年に高山俊選手の当たりくじを引いた金本監督が行う事も分かった。

即戦力2投手のうちから

阪神は当初、即戦力投手では創価大の田中正義投手、桜美林大の佐々木千隼投手、高校生で履正社の寺島成輝投手、社会人の山岡泰輔投手などをリストアップしていたが、9月に入り田中投手、佐々木投手の2投手に絞り込んでいた。

そしてこの日、記事では球団首脳の「来季は優勝争いが求められる。即戦力投手がどうしても欲しい」という球団首脳のコメントの中で、「やはりその年の最高の選手を」という方針があるとのことで、創価大・田中正義投手を1位指名する方針が固まったとしている。

ただし、阪神はドラフト直前の会議で監督の1位指名候補選手を提示し、監督が最終的な指名選手を決める。昨年も即戦力投手などを候補として挙げたとみられるが、金本監督が外野手の高山俊選手を選択した。今年も最終的には金本監督の意思で決定されるため、誰が選ばれるかは当日にならないとわからない。フロントも現場も補強ポイントを即戦力投手として一致しているのは間違いなく、田中正義投手を選択する可能性が高いとは思うが、スカウトは投手以外の選手も提示はするものとみられ意外な選択がある可能性も捨てきれない。

金本監督が抽選

また球団首脳は「金本監督しかいないでしょう。昨年も引き当ててくれた。金本監督にお願いしたい」と話し、ドラフト1位指名で重複したときには、金本監督が抽選を行う事が分かった。

金本監督は昨年、高山俊選手の抽選を当てたものの、ヤクルト・真中監督が先にガッツポーズをしたため、そのまま無念そうな表情でテーブルに戻り、その後、当たっていたことが発覚している。今年こそすっきりと当選、そしてインタビューという経験をしたいところだろう。

阪神タイガースのドラフト会議メインページ | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

最終的に田中と佐々木の二者択一となったものの“やはりその年の最高の選手を”と、競合覚悟で田中を現時点での1位とする方針が固まった。

 球団首脳は「来季は優勝争いが求められる。即戦力投手がどうしてもほしい」と説明。だからこそ昨年、ヤクルトとの競合の末、高山を見事に引き当てた金本監督の手腕に期待するわけだ。


PAGE TOP