阪神、ドラフト中位から下位で高校生投手指名へ

アドゥワ誠, 京山将弥, 山口裕次郎, 山崎颯一郎, 山本由伸, 才木浩人, 梅野雄吾, 浜地真澄

阪神は昨年のドラフト4位で指名した望月惇志投手が成長を見せ、今年もドラフト中位から下位で高校生投手を指名する。

素質の高い高校生投手指名へ

望月惇志投手は高校出身で148キロ後半を投げて注目されるものの、エースとしてチームを引っ張れるようなピッチングができず、ドラフト会議では4位での指名となった。しかしプロ入り後に球速は153キロを記録するなど成長し、シーズン最終戦では1軍に昇格して153キロの球を見せた。

金本監督も将来のエース候補と期待する投手になったことで、今年のドラフトでも素質の高い高校生投手を指名する。

候補としてスポーツニッポンでは、地元関西では須磨翔風の才木浩人投手、近江・京山将弥投手、履正社・山口裕次郎投手を、またほかにも敦賀気比の山崎颯一郎投手、松山聖陵のアドゥワ誠投手、九産大九州の梅野雄吾投手、都城の山本由伸投手、福岡大大濠の浜地真澄投手などお名前を挙げている。

ただし、梅野投手、山本投手、才木投手はドラフト上位にも入ってくる可能性がある。

他に可能性がありそうなのは、八戸工大一の種市篤暉投手は183cmから148キロを投げ、望月投手に近い投手。川越東の星野裕帆も183cmから146キロの速球を投げる。聖徳学園の長谷川宙輝投手は144キロの左腕でキレが十分、大商大浪商の西田光汰投手も147キロを投げ、大阪桐蔭の高山優希投手も150キロ左腕で狙い目の投手。

神戸国際大付の平内龍太投手は185cmから146キロの速球を投げ、佐世保工の野元浩輝投手は146キロの隠し玉、自由ヶ丘の岩田諒大投手は147キロの速球を投げる。

ドラフト上位で指名されそうな投手たちとも将来的に力が匹敵するほど成長してくれそうな、期待できる投手だと思う。

2016年高校生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

2016年度-高校生投手のドラフト候補リスト

地元である近畿圏では1メートル87、79キロの恵まれた体格から最速148キロの直球を投げ下ろす須磨翔風(兵庫)・才木、今夏の甲子園大会に出場した最速148キロ右腕の近江(滋賀)・京山、ドラフト1位候補の寺島の2番手だった最速145キロ左腕の履正社(大阪)・山口の評価が高い。

 北陸、四国、九州にも逸材が散在する。昨春センバツ優勝メンバーの敦賀気比(福井)・山崎は1メートル88の長身を生かした柔らかいフォームから最速145キロを投げ下ろす本格派。ナイジェリア人の父を持つ松山聖陵(愛媛)・アドゥワ誠も現段階では粗削りながら1メートル96の長身から最速145キロを投じ、身体能力が高い。九産大九州(福岡)・梅野、都城(宮崎)・山本はともに最速150キロ超を誇り将来性十分。1メートル83、87キロの恵まれた体格の福岡大大濠(福岡)・浜地もダイヤの原石だ。


PAGE TOP