阪神、ドラフト1位は佐々木と田中、他にも新日鐵住金広畑・森原投手、JX-ENEOS・糸原健斗選手を指名へ

古谷優人, 小林弘郁, 床田寛樹, 森原康平, 糸原健斗

阪神は既に1位指名候補は創価大の田中正義投手と桜美林大の佐々木千隼投手に絞られているが、前日のドラフト会議終了後にも選手を公表せず、ドラフト当日を迎える。

1位指名選手は?

スカウト会議を終えた金本監督は笑いながら「どっちかなあ」と話し、1位指名選手をはぐらかした。記者からつっこまれると「これがまだ全然なんですよ。1位指名、言えないというか、決まっていないから言えないだけで」と話し、まだはっきり決まっていないと話した。

しかし、「投手でしょうねおそらく。直前まで悩む、というかみんなで決める事ですからこれは。サプライズはないでしょう。明日また最終会議で」と何を聞かれてもはっきりとした答えを示さなかった。スカウト会議では意見を伝えたかの質問に「これは本当に伝えていない。ほとんどないですよ。僕は黙ってみていましたから。聞いていました」と話した。

阪神は昨年のドラフト1位で予想されていなかった高山俊選手を指名し、東京ヤクルトを慌てさせた。今年は佐々木投手が有力とみられるが、先に公表して動揺を与えられるよりは、最後まで隠してドラフト当日を迎えるようだ。

その他の候補

阪神は1位の抽選を外した場合には、日大・京田陽太選手や中京学院大・吉川尚輝選手か、江陵・古谷優人投手など高校生の指名を行う方針。

また金本監督がJX-ENEOSの糸原健斗選手について注目をしており、明治大時代に後輩だった高山俊選手や坂本誠志郎捕手から情報を集め、身体能力の高さを確認しているという。

他に、新日鐵住金広畑の森原康平投手をリストアップした。森原投手は都市対抗で151キロを記録しスカウトが注目した。阪神は福原投手が引退しリリーフなどブルペン陣が手薄となっており、速球派リリーフとして注目されている。ほかにも中部学院大の床田寛樹投手、愛知東邦大の小林弘郁投手といった左のリリーフ候補もリストアップされているという。

森原のほか、愛知東邦大・小林弘郁投手(21)、中部学院大・床田寛樹投手(21)らも候補になりそうだ。

デイリースポーツ紙面 2016/10/20

 


PAGE TOP