東京ヤクルト退団選手の進路

東京ヤクルトより戦力外となり、自由契約または任意引退をした選手の進路をまとめます。

東京ヤクルトの自由契約・任意引退選手の進路

選手名 守備 通算成績 ドラフト 出身 進路
赤川克紀 投手 76試合14勝20敗 2008年ドラフト1位 宮崎商 会社員
七條祐樹 投手 56試合8勝5敗1S 2010年ドラフト2位 伯和ビクトリーズ ヤクルト打撃投手
川崎成晃 外野手 38試合打率.194、1打点 2010年ドラフト6位 熊本ゴールデンラークス 会社員
江村将也 投手 50試合3勝1敗 2012年ドラフト4位 ワイテック 現役続行希望
大場達也 投手 5試合0勝0敗 2012年ドラフト7位 日立製作所 現役続行希望

 

赤川投手は147キロの速球を投げる左腕投手として12球団が注目し、中日福岡ソフトバンクが狙っていた左腕投手だった。ヤクルトがドラフト1位で指名すると、3年目に6勝、4年目に8勝を挙げ、先発左腕の一角を担ったが、その後低迷し予想外の早い引退となった。

七條投手は日産自動車時代から140キロ後半の速球を投げる力のある投手として注目され、廃部後に伯和ビクトリーズに移籍し、都市対抗予選で活躍を見せた。ドラフト2位というのは高い評価だったように見えるがヤクルトでは1年目から4勝を挙げ、3年目にはリリーフで30試合に登板した。

川崎選手は大学時代は盗塁王になるなど182cmの大型選手だが俊足もある選手として注目され、熊本ゴールデンラークス時代は都市対抗本選でホームランを放つなど長打力も評価、2010年ドラフト6位で指名された。2013年に1軍に昇格し13試合に出場も結果を残せなかった。

江村投手は佐野日大から日大、ワイテックと進み、140キロ後半の力のある球で三振を奪える左腕として注目され、ドラフト4位でプロ入り。リリーフで気合を入れて強気で攻めるピッチングで1年目から31試合に登板し3勝0敗を記録したが、広島カープの前田選手に死球を骨折をしてしまう。2年目も19試合に登板したものの今年は故障により戦力外となった。

大場投手は東芝時代に150キロを記録するものの、どこに行くのかわからないような制球力でもあった。課題克服のためにファームでフォームの改造などに取り組んだものの、最近は球速が出なくなっていたという。


PAGE TOP