県岐阜商・高橋純平投手目当てに10球団21人スカウト視察も登板なし、左足故障も?

県岐阜商, 高橋純平

 県岐阜商・高橋純平投手にとって最後の夏の初戦を迎え、スタンドには10球団21人のスカウトが詰めかけた。しかし高橋投手は登板せず、チームは6-1で勝利、3回戦に進出した。

10球団21人スカウト空振り

 高橋純平投手について、各球団とも既に順位付けは確定しているとみられるが、最終的な1位指名の決定の判断や、高橋投手側への熱意のアピールという面もあり、阪神中日は4人のスカウトを送り、東京ヤクルトは小川SDが姿を見せるなど、10球団21人のスカウトやプロ野球関係者が集まった。

 しかしこの日は高橋投手は登板せず、その姿を見る事はできなかった。夏の大会は公式戦であり、夏を勝ち抜いていくためにエースを温存する事は当然考えられ、視察に訪れたスカウトたちもそれは十分知っているので、予想の範囲内だろう。投球は見られなかったものの、このように報道される事でアピールはできたとみられる。

 

左足故障も?

 しかしスカウトたちにも気がかりな面があるようだ。高橋投手は6月14日の練習試合を最後に対外試合に投げていない。各高校の調整の方法があるが、エース投手は週末の練習試合で登板して調子を維持していく事が多いと思うが、高橋投手は2週間以上登板間隔が空いているという。

 またこの日、あるスカウトがグラウンドを歩く高橋投手を見て、左足を引きずっているように見えると指摘していたという。高橋投手も県岐阜商・小川監督も「問題ない」と話すが、本当の事は言えない。

 いずれにしても次戦3回戦(12日)は強豪の関商工と対戦する。エースが投げなければ抑えられない相手であり、この試合がポイントとなりそうだ。

2015年度-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

高校野球・岐阜大会(2015):ドラフト注目度A | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

「ピンチになれば、投げる準備はできていた。チームは最初は固さがあったけど、最後の方は、しっかりした試合ができたと思う」

 高橋はさわやかな笑顔で振り返った。次戦、関商工との3回戦は12日で、中6日の間隔がある。それだけに温存か、故障か、とネット裏には疑念が渦巻いた。

 今春のセンバツで全3試合を先発完投。150キロの直球にカーブ、スライダーを駆使する高い投球術でチームを8強に導いた。高校ナンバーワンの評価を得たエースを見ようと、スタンドには大観衆とともにヤクルト、阪神などプロ10球団、21人のスカウトが陣取ったが、肩透かしだ。

 高橋は6月13日、星稜(石川)との練習試合に登板後、実戦で投げていないようだ。球界関係者は「抽選会(同20日)が終わって対戦相手が決まってから、一度も実戦登板がない。3週間も(ない)。普通では考えられない」と首をかしげた。

そんな中、高橋の「異変」を指摘するスカウトがいた。グラウンドで左足を少し引きずるようなしぐさが見られたという。高橋は体調面に関し「問題ないです」と説明し、小川信和監督も「全く問題ない」と断言した。ただ、初戦を目前に控えた時期のランニングで左足に違和感を訴えたもようで、この日は大事を取ったとみられる。


PAGE TOP