福岡大大濠2年・浜地真澄投手が九産大九州を完封、来年のドラフト候補

浜地真澄, 福岡大大濠

 高校野球福岡大会ではセンバツ出場の九産大九州が3回戦で福岡大大濠と対戦、序盤の山場の試合として注目されたが、福岡大大濠の2年生・浜地真澄投手が九産大九州打線を3安打に抑え、自らもホームランを放つ活躍を見せ勝利、シード校を撃破した。

中学時に140km/h越え、抜群の制球力

 浜地真澄投手は183cm81kgの大型投手で、無駄のないフォームから投げられる直球は、中学時代には140km/hを越えていたという。しかしピッチングは、コントロールには自信があるというように、低めに球を集めて打たせて取るスタイルで、九産大九州をわずか3安打に抑えた。

 小学校の時には福岡ソフトバンクジュニアに選抜されるなど、高い素質を認められており、今年の夏に結果を残し、来年は球速も伸ばしてプロ入りを目指してほしい投手。期待は膨らむ。

 

九産大九州、敗退

 一方、九産大九州は2年生の岩田将貴投手が登板し、福岡大大濠打線を6安打に抑えたものの、同じく2年生で投げ合った浜地投手にホームランを浴びるなど2失点を許して敗退した。監督も「岩田が本調子ではなかった」と話し、岩田投手も「自分の未熟さが出た。3年生に申し訳ない」と話している。

 小柄ながらもキレの良い速球を投げ、センバツでも好投をした岩田投手、今年はこれから来年に向けた夏となる。球速も増してくれば来年は十分ドラフト候補に入ってくる。期待したい。

2016年度-高校生-福岡県のドラフト候補リスト

高校野球・福岡大会(2015):ドラフト注目度B | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

福大大濠・浜地、九産大九州を完封 2015/7/10

 


PAGE TOP