北北海道NO1右腕、帯広緑陽・長江理貴投手は北見工と対戦

帯広緑陽, 長江理貴

 高校野球北北海道大会の組み合わせ抽選が行われ、NO1投手と呼び声高い帯広緑陽の長江理貴投手は、今年のセンバツで21世紀枠候補となった北見工と対戦する。

181cm、143km/h右腕

 帯広緑陽の長江理貴投手は181cm84kgの体から143km/hの速球を投げ、北北海道NO1投手と呼び声もある。中学時代にはスケートの選手として全国大会で500mで優勝しており、スケート界でも有望選手だった。

 その帯広緑陽は初戦で北見工と対戦することが決まった。北見工は昨年秋の北海道大会で準々決勝まで進出、センバツで準優勝することになる東海大四に2-3と接戦を演じるなど、21世紀枠候補の最終候補まで残った実力校、注目される一戦となりそうだ。

2015年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

開幕試合を引き当てた近田葵主将(3年)が笑顔で校名札を掲げた。「北見工、2番です」。相手は北北海道、いや、全道一と言ってもいいMAX143キロ右腕の長江を擁する帯広緑陽だ。


PAGE TOP