八戸工大一・内沢航大投手に7球団13人のスカウト、今年は史上空前の東北ドラフトか

八戸工大一, 内沢航大

 12日に行われた高校野球青森大会、八戸工大一の193cm右腕・内沢航大投手が3安打13奪三振で完封した試合には7球団13人のスカウトが詰めかけていたことが分かった。

東北に逸材そろう

 この日の最速は143km/hも、常時140km/h台を出す安定したピッチングを見せ、9回最後の打者にも143km/hの速球を投げ、最後は変化球で三振を奪った。

 この試合には7球団13人のスカウトが視察、阪神葛西稔スカウトは「長身だし、リリースポイントが安定している点がいい。大きい割には器用さも持っている。ストレートの力が以前より増してきた」と評価している。

 今年は仙台育英の佐藤世那投手や平沢大河選手、花巻東や盛岡大付にプロ注目選手がおり、大学野球でも仙台大の熊原健人投手、富士大の多和田真三郎投手などドラフト1位候補投手が揃う。

 福島、二本松工の吉羽あたる投手という147km/hを記録する選手も出てきている。これまでも東北地方からは多くの選手が出ているが、今年のドラフトでは東北地方のから多くのプロ野球選手が誕生するような勢いがある。

2015年度-東北のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

ネット裏には内沢を目当てにプロ7球団13人のスカウトが集結。阪神葛西稔スカウトは「長身だし、リリースポイントが安定している点がいい。大きい割には器用さも持っている。ストレートの力が以前より増してきた」と評価し、成長ぶりを認めた。


PAGE TOP