八戸工大一・内沢航大投手が5回2/3を2安打8奪三振無失点、6球団のスカウト視察

八戸工大一, 内沢航大

 高校野球青森大会では八戸工大一の195cm右腕・内沢航大投手がピンチで緊急登板し好投を見せた。

2試合無失点

 内沢航大投手は195cmの身長があり、スリークォーターから145km/hの速球を投げ、先日の2回戦では3安打13奪三振で完封し7球団13人のスカウトが視察している。

 この日は青森西と対戦、先発ではなかった4回1アウト満塁のピンチで登板すると、三振とセカンドフライでピンチをしのぎ、その後は圧巻の投球で、5回2/3を2安打8奪三振に抑えた。コントロールも良く無四球だった。

 これで2試合を投げて無失点、この日も6球団のスカウトが姿を見せ、注目度の高さを伺わせる。「甲子園に出て150km/hを投げたい」と話す内沢投手、それがかなえられたらプロのマウンドも大きく近付く。

2015年度-高校生-青森県のドラフト候補リスト

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

3回戦でプロ注目の最速145キロ右腕、八戸工大一・内沢が1-1の四回一死満塁で登板し、空振り三振と二飛で後続を断った。身長1メートル95のスリークオーターから繰り出す速球とスライダーを中心に、5回2/3を2安打無失点に抑えた。プロ6球団のスカウトの前で、打者19人から8奪三振と無四球。


PAGE TOP