花巻東・高橋樹也投手が146km/h速球で1安打完封、14奪三振

花巻東, 高橋樹也

 高校野球岩手大会では花巻東の左腕・高橋樹也投手が盛岡中央戦に先発し、9回を1安打14奪三振で完封した。最速は146km/hを記録した。

フォーク封印で14奪三振

 高橋樹也投手は177cmの左腕投手で、これまで最速144km/hの速球を投げ、花巻東出身の菊池雄星2世と呼ばれている。この日は最速で146km/hを記録し、またスライダーとチェンジアップのキレが良く、決め球のフォークを投げずに14三振を奪った。

 右打者の足元に食い込んで沈んでいくスライダーと、外に外れていくチェンジアップが有効だったが、この日はストレートが低めに決まり、変化球との組合せでバッターは手も足もでず、強豪の盛岡中央に1安打しか許さず完封した。

 スカウトの視察の情報はないものの「次も直球を低めに投げたい」と話した高橋投手、これからの試合ではスカウトも視線を送る事になりそうだ。

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2015年度-高校生-岩手県のドラフト候補リスト

東北高校生左腕でナンバーワンの呼び声が高い。東北大会4強だった今春よりも確実に進化している。要因は右打者の内角を攻めるスライダーだ。「春の東北大会では全体的に球が高かった。ワンバウンドになってもいいから思い切り腕を振ることを意識しています」。MAX146キロの速球を軸に、右打者に対しては足元に落ちるスライダーと、外へ逃げるチェンジアップのコンビネーションがさえた。それでも「次は直球も低めに決めたい」と満足していない。


PAGE TOP