東海大相模・吉田凌投手は137km/hも4回無失点、2年生・北村朋也投手が145km/h記録

北村朋也, 吉田凌, 東海大相模

 東海大相模はこの日、足柄との初戦を迎えると、ドラフト候補の吉田凌投手と2年生・北村朋也投手のリレーで6回コールド勝利した。

不調の吉田凌投手

 1年時から140km/h後半の速球を投げるなど最速151km/h、昨年夏には神奈川大会決勝戦で20奪三振も記録した吉田凌投手だが、今は140km/h前後の球速にとどまっている。この日も先発し4回を2安打無失点に抑えたものの、最速は137km/h止まりで奪った三振は2つだけ、バックネットを越す大暴投を見せるなど、まだまだ良かった頃には戻っていない。

 昨年はスライダーが良く面白いように三振を奪ったが、スライダーに頼るようになり、門馬監督もエースとして認めなかった。成長が期待された春だったが、速球の回転で空振りが奪えるようになったというものの、球速は140km/h前後止まりで1年時の勢いのあるピッチングからは遠い状態が続く。

 プロのスカウトは良い状態の姿を元に評価することが多く、特に高校生という事もありプロ志望をすれば指名は間違いないが、昨年の佐藤雄偉知投手と同じく評価が下がっての指名という事にはなってしまいそうだ。

 

2年生が好投

 そんな東海大相模だが、また期待の投手が出てきた。北村朋也投手は181cmの本格派右腕で、これまで最速143km/hを記録していた。この日は2番手で登板すると2回を投げてノーヒット3奪三振と好投、自己最速となる145km/hを記録した。

 勢いのあるフォームからの速球は力があり、視察した横浜DeNAの河原隆一スカウトは「腕の振りが良くて、躍動感があった。コンスタントに140キロ超えを計測していた。体格もいいしリリースが力強い。来年が楽しみ」と評価した。

 昨年は青島凌也投手、佐藤雄偉知投手、そして吉田凌投手と小笠原慎之介投手など4人の145km/h投手を擁した東海大相模、2人が卒業し今年は3年生となった2人が軸となっていたが、来年以降のエース候補も育ち、強さは安定しそうだ。

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

東海大相模高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

先発の吉田は4回2安打無失点。初回に手が滑ってバックネットを越える大暴投もあったが、打たせて取る投球に徹し「楽だしリズムが出る」と、手応えをつかんだ。

2番手で登板した2年生右腕・北村が、先輩たちに負けじと2回無安打3奪三振無失点と猛アピール。「開きが早かったので抜けた球が多かった」と自分への採点は辛口だったが、自己最速の145キロをマークした。冬場は心肺機能を高めようとマスクを着けて走り込み、球速は昨秋から6キロアップ。DeNA・河原隆一スカウトは「体格もいいしリリースが力強い」と評価した。


PAGE TOP