日大三島・小澤怜史投手、プロ志望ならドラフト上位指名も

小澤怜史, 日大三島

 昨日の試合で152km/hを記録したものの、静岡高校に2-5で敗れた小澤怜史投手、試合後のインタビューでは「進路をきめていない」としたものの、スポーツニッポンでは「プロ」で決まっていると報じた。

成長続く右腕

 小澤怜史投手はこの日、静岡高校を相手に状態も気合いも十分だった。初回、静岡高校の4番でプロ注目の堀内謙伍選手の打席で、2球目に148km/hを記録すると、4球目に内角低めのボールで152km/hを記録した。

 しかしこの回に1点を失うと、3回にはエラーや死球などで3失点、6回には2-4と迫った所で1失点と、静岡高校の先制、中押し、ダメ押しの巧みな攻撃に屈し、2-5で小澤投手の夏は終わった。

 昨年までは兄の小澤拓馬投手がエースで、怜史投手は外野手としてプレーし、秋からエースとして登板した。秋は東海大会に出場するも静岡高校に大敗、春は初戦で浜松商に0-1で敗れた。そしてこの夏は2回戦で静岡高校とぶつかり敗退となった。

 

プロへ

 強豪の壁を越えることがはできなかったが、この夏、152km/hを記録し、投手として成長を続けている姿はハッキリと見られた。小澤投手は試合後に、「これで野球は終わりじゃない。これからの活躍で見返したいし、応援してくれた人にこたえたい」と話した。

 進路について「まだ決めていない」と話したものの、スポーツニッポンでは、気持ちの中では「プロ」で決まっているとしている。

 投手として成長の最終段階に来ている県岐阜商の高橋純平投手に比べ、まだ7割くらいの小澤投手、裏を返せばこれからの伸びしろは計り知れない。この日も10球団のスカウトが視察に訪れており、プロ志望をすればドラフト会議では2位前後で指名される事になりそうだ。

日大三島高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

静岡には3年間で一度も勝てなかった。「悔しい気持ちはあります。でも、これで野球は終わりじゃない。これからの活躍で見返したいし、応援してくれた人に応えたい」。大学進学かプロか、「まだ決めていない」と話すが、猛暑の中、ここぞという場面で140キロ中盤を投げ続けた投球は、プロのスカウト陣の評価をさらに引き上げたはずだ。

初回に県岐阜商・高橋の最速に並ぶと同時に、静岡県史上初めて150キロの大台超え。ただ、序盤だけで「甘い球は全て打たれた」と4失点するなど昨秋県、東海大会準決勝でいずれもコールド負けした難敵へのリベンジはならなかった。進路については「まだ考えていません」と即答は避けつつ、気持ちの中では「プロ」で決まっている。


PAGE TOP