関東第一・オコエ瑠偉選手が高校通算36本目のホームラン

オコエ瑠偉, 関東第一

 関東第一のオコエ瑠偉選手が、今大会の1号本塁打など3安打の活躍を見せた。

レフトスタンド中段

 5回戦・東京成徳大との試合の3回、内角の球を鋭く振り抜くと打球は神宮球場のレフトスタンド中段に飛び込んだ。感触の良さに、打った瞬間におもわず両手を上げてしまうほどの当たりだった。

 またこの日は3安打を記録、6回には1塁走者としてセンターの前に落ちるヒットでファーストから一気にホームインするなど、走塁でも圧巻のプレーを見せた。

 

2球団スカウト視察

 この日は埼玉西武オリックスのスカウトが視察、コメントなどは無いものの埼玉西武は先日の試合で7人体制で視察するなど、ドラフト会議での指名に向けて着々と動いているようだ。

 東村山市出身で、元西武のカブレラ選手のホームランに憧れていたという。森友哉選手などがいる中で、外野手の一角として、1番バッターとして、オコエ選手が走り回っる姿が想像できるが、他球団にとっては脅威だろう。

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト

「よっしゃー!」。打った瞬間、思わず声が出るほどの手応えだった。3回、先頭のオコエが放った鋭い打球は左翼席で弾んだ。「右方向を意識していたけど、内角にうまく反応できた」と、会心の当たりを振り返った。苦手だった内角球を冬場にひたすら打ち込んできただけに「練習の成果が出せた」と顔をほころばせた。

バットを放り投げたまま、誇らしげに打球を見つめた。2点リードの3回無死。オコエが内角のチェンジアップを強振し、今大会1号となる左越えソロ。「打った瞬間に行ったと思いました。気持ちよかったですね」。二、三塁間に陣取っていた相手の内野手3人も、ただ打球を見送るしかなかった。

六回一死から安打で出塁すると、二死後、左翼方向の内外野の間に高々と上がった打球で、一塁からためらいなく本塁へ。「(野手は打球が)見えていないのが確認できた」という抜群の判断力を発揮した。守備でも大飛球を背走キャッチするなど見せ場はたっぷりだった。


PAGE TOP