プロ注目投手対決は専大松戸・原嵩投手に軍配、宮城正規投手はプロ志望表明

原嵩, 宮城正規, 専大松戸, 我孫子東

 高校野球千葉大会では、専大松戸vs我孫子東の対戦が行われ、専大松戸・原嵩投手と我孫子東の宮城正規投手のプロ注目投手がそれぞれ登板した。

昨年秋以来の先発

 原嵩投手は185cmから最速148km/hを投げる投手で、プロも注目の素質の高い投手として1年時から評価をされていた。しかし高校3年では外野手を守り、春の大会でも関東大会でわずかに投げただけでほとんど登板はしていなかった。しかし先日にリリーフで登板すると146km/hの速球で3回5奪三振のピッチングを見せ、チームに勢いを付けるピッチングを見せ、この日は昨年秋以来の先発マウンドに立った。

 原投手は序盤から丁寧なピッチングを見せ無失点を続ける。そして8点差がついた6回にギアチェンジすると、最速は145km/hを記録、6回2アウトから4者連続奪三振で締め、7回4安打10奪三振で完封した。原投手は「最終回が一番良かった。真っすぐが走っていた」と話した。

 専大松戸の持丸監督は「この試合が大事だから」とようやく原投手を先発のマウンドに送った。原投手を投げたくてしょうがない状態にして一気に爆発させた。甲子園まであと一歩の状態が続く専大松戸、のこり準々決勝、準決勝、決勝は原投手の力が甲子園行きを左右しそうだ。

 この日は3球団のスカウトが視察に訪れ、北海道日本ハムの岩舘スカウトは「球速を出しながら制球できていた。素材は間違いない」と評価、専大松戸出身の上沢直之投手に続くドラフト会議での指名の可能性が高くなった。

 

宮城投手はプロ志望表明

 一方、我孫子東の宮城正規投手は最速144km/hを記録する投手。しかしこの日は4回までに3失点、5回も四球から3失点で7安打7失点で敗れ、高校野球を終えた。宮城投手は「この悔しさを次のステージでぶつけたい」と話し、「小学生の頃から意識してきたので、プロの世界に行きたい」とプロ志望届けを提出する意思を表明した。

2015年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-高校生-千葉県のドラフト候補リスト

専大松戸の148キロ右腕・原が今夏初先発。コールド勝ちした我孫子東相手に、7回参考ながら4安打10奪三振で完封した。最速145キロの直球を軸に6回2死から4者連続三振で締め「真っすぐが走っていた。最終回は良かった。序盤は少し浮いていたのでもう少し早く修正できるようにしたい」と汗を拭った。

ジャイアン黒星「プロに行きたい」 日刊スポーツ紙面 2015/7/22

 


PAGE TOP