龍谷大平安・高橋奎二投手もプロ志望、巨人、東京ヤクルト、北海道日本ハムが視察

高橋奎二, 龍谷大平安

 高校野球京都大会では、龍谷大平安で2年春のセンバツで優勝を経験している高橋奎二投手が登板したが、5回途中7失点で降板、チームは一時は8-7と勝ち越したものの終盤に逆転され、甲子園の連続出場はならなかった。高橋投手は試合後にプロ志望を表明した。

6月に左わき腹に打球受け

 高橋奎二投手もこの夏は万全ではなかった。6月の練習試合で打球を左わき腹に受けると、そこから2週間は登板ができず、今大会では4回戦のこの日の京都翔英戦で初登板、先発を任されたものの4回1/3を投げて9安打4四死球で7失点、本来の投球とは程遠いものだった。

 高橋投手は「自分の投球ができなかった。実力不足で負けた」と話した。

 

プロ入りへ

 また高橋投手は「プロを目指します。もっと成長しないとダメ」と話した。プロ志望の意思がある。プロ側もこの日は巨人東京ヤクルト北海道日本ハムのスカウトが視察、巨人の山下スカウト部長は「本来力のある投手」と高橋投手を、将来性のある左腕投手として評価をしている。

 驚くような球威であったり変化球があったりという事は無く、ドラフト上位クラスまでにはならないものの、しっかりとタメを作り、バッターとのタイミングを少しずらしたり、140km/h中盤を記録する球をコントロール良く投げる事ができる。ドラフト会議では4位前後で指名がありそうだ。

2015年ドラフト指名予想 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

「11点も取られては。この試合は高橋の経験に賭けた。試合から遠ざかっていたのが響いたか。元氏も好投。最後は3年生に賭けたんです」。原田英彦監督は投手陣の誤算を嘆いた。6月13日の練習試合で打球を受けて左脇腹を痛め、20日の練習試合で3イニング投げた後、2週間ノースロー調整だったプロ注目の左腕・高橋を先発起用。今夏初登板は3回に押し出し死球などで2失点。4回に小野寺の3ランなど5点を失い、5回1死一、三塁の場面で降板となった。

 調整不足は明らかだった。初回こそ3人で終えたが、直球はキレを欠き、変化球の制球にも苦労した。4回には痛恨の3ランを浴びるなど大量5失点。今秋のドラフト候補左腕は4回1/37失点で降板した。

 開幕1か月前、6月13日の練習試合で左脇腹に打球を受けた。翌週に3回投げたのを最後に、約2週間ノースロー。ようやく2、3日前から打者に投げ始めたばかりだった。「思ったような投球ができなくて、違う自分のようだった」。それでも「それ(アクシデント)を言ってしまうと…。自分の実力不足です」と言い訳にはしなかった。

次なる目標であるプロに向けて「精神的に成長しなければならない」と力を込めた高橋。最後の夏に聖地を踏めなかった悔しさは、最高峰の舞台で晴らしてみせる。


PAGE TOP