花巻東が苦戦も甲子園出場、高橋樹也投手に東北楽天スカウト評価

佐藤唯斗, 花巻東, 高橋樹也

 高校野球岩手大会では花巻東が一関学院を下し、2年ぶりの夏の甲子園出場を決めた。エースの高橋樹也投手は16安打を浴びて8失点、190球を投げる大乱調となったが、打線が9点を奪った。

プロ注目選手

 花巻東には菊池雄星投手、大谷翔平投手などプロでもトップクラスの速球を投げたり、スケールのある選手が出てきている。今年のチームでもファーストの191cmスラッガー・佐藤唯斗選手や、最速146km/hを投げる左腕の高橋樹也投手がいる。

 この日は高橋投手が初回から苦しみ、スライダーが決まらずに3回3ランホームランを浴びる。7回には打席で足に死球を受けた事などもあり16安打を許して8点を失った。本来の調子ではなかったものの、視察した東北楽天の長島スカウト部長は「いろいろな球種を投げる器用さがあり、腕の振りも柔らかい。伸びしろに魅力を感じる」と評価、投手としての総合力や将来性を評価していた。

 プロ注目スラッガーと左腕が、甲子園でどんなプレーを見せてくれるか楽しみだ。

花巻東高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

内容は悪くても、評価は高い。楽天・長島スカウト部長は「いろいろな球種を投げる器用さがあり、腕の振りも柔らかい。伸びしろに魅力を感じる」と話した。


PAGE TOP