中京大中京が甲子園、伊藤寛士選手が高校通算44号ホームラン

上野翔太郎, 中京大中京, 伊藤寛士, 長谷部銀次

 高校野球愛知大会では中京大中京が愛工大名電に4-3、逆転で勝利し甲子園出場を決めた。伊藤寛士選手が高校通算44本目のホームランを放ち、エース・上野翔太郎投手が2回からリリーフし好投を見せた。

投打の主役

 中京大中京は初回、先発に起用された183cmの期待の2年生左腕・長谷部銀次投手が初回につかまり、3ランホームランを浴びて3点を奪われた。2回も1アウト1,2塁のピンチを背負った所で3年生で143km/hを投げるエースの上野翔太郎投手が登板する。上野投手は愛工大名電の通算38本塁打でプロも注目する毛利元哉選手を三振に斬って取るとこのピンチを抑えた。

 その後も7回までノーヒットピッチング、9回までを無失点に抑え、7回2/3を投げて2安打9奪三振1四死球無失点、エースの抜群の投球にチームも7回に逆転し、4-3で甲子園出場を決めた。

 打の主役は伊藤寛士選手、この日は3回に1点差に追い上げるホームランを放った。インコースのストレートを振り抜くと、バックスクリーン右への120m弾、「打った瞬間入ったなと。手応えはありました」と話す特大弾は高校通算44本目のホームランだった。7回には2アウト2塁の場面で同点に追いつくタイムリー2ベースヒットを記録した。4打数3安打2打点、4番がチームを甲子園に導いた。

 伊藤選手は打てる捕手として、甲子園でも注目選手の一人。どんな活躍を見せるのか非常に楽しみ。また2年生の長谷部銀次投手も来年の期待のドラフト候補の一人、小笠原慎之介投手が巨人的な名前なのに対し、長谷部銀次選手は東北楽天的な名前なのも気になる。

中京大中京高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生-愛知県のドラフト候補リスト

プロ注目の毛利を空振り三振、続く中村を左飛に抑えた。以降も七回まで無安打投球。八回一死一、二塁のピンチを招き西脇を打席に迎えたが、空振り三振に仕留めた。

 「ようやくスタートラインに立てました」。甲子園行きを決めながらも、クールにこう語る4番の一発から、逆転劇は始まった。2点を追う3回1死。内角高め直球を強振すると、打球はバックスクリーン右に飛び込んだ。120メートル弾。「打った瞬間入ったなと。手応えはありました」。高校通算44本目の一発で反撃ののろしを上げた。


PAGE TOP