関東第一・オコエ瑠偉選手のスーパーキャッチにプロのスカウト絶賛

オコエ瑠偉, 関東第一

 関東第一のオコエ瑠偉選手が中京大中京戦で初回に、2アウト満塁の場面で左中間後方のライナーをジャンプ一閃捕球し、甲子園を沸かせた。このプレーにプロのスカウトも絶賛のコメントをしている。

左中間側に2歩動き

オコエ選手は視力が2.0以上ありとても目が良いようだ。「守ってて捕手のマスク越しの表情がわかる」と話し、その目からの情報からこのプレーの直前に、左中間方向に2歩動いていた。「捕手の配球を見てこっちに飛ぶと思った」と話している。

そしてプレー自体も、打球への判断、快足が合わさりスーパーキャッチを見せた。このプレーに視察した阪神の平塚スカウトは「プロでも捕れるか分からない。現時点で新庄クラス。守備はトップレベル」と話し、外野守備ではプロ野球選手の中でもトップクラスという評価をした。

この打球が抜けていたら3点が入る可能性が高く、中京大中京の上野翔太郎投手を考えるとかなり重い点数となっていただろう。結果的に見てこのプレーが勝利につながったといえる。

 

甲子園で評価うなぎ上り

オコエ瑠偉選手にとっては今大会に出場したことで、人生が大きく変わったかもしれない。巨人の山下スカウト部長も「地方大会ではB評価だった」と話したが、この大会、初戦で一塁強襲の打球で二塁を奪い、2本の3ベースヒット、強肩も披露し、山下スカウト部長の評価もAになった。巨人の評価指標ではAランクの選手は指名しなければならない選手」と位置付けている。

そしてこの日も守備でスーパーキャッチ、打撃では4打数1安打だったものの、8回は深いショートゴロだったがファーストのヘッドスライディングをして内野安打にした。最低限1日1回は出塁をするという粘りのようなものを感じさせた。

打撃に関しても東東京大会まではジャストミートでホームランを打つか、こすったりして高いバウンドや外野手の前に落ちるヒットで出塁ということが多かったが、今大会では2本の3ベースヒットも逆方向に伸びる打球も見せておりかなり良くなった。昨年は自らもチームも力を過信して、打撃やプレーが雑になりセンバツ出場を逃している。その悔しさと、ようやく出場できた甲子園という舞台が、オコエ選手にさらに上の世界を意識させてくれたのだろう。謙虚に監督が言うセンター返しの打撃に取り組んでいたようだ。

現在は宿舎外に出ることが禁止されるほど、宿舎の周りにファンが集まっているらしい。ファンレターも増えた。そして秋のドラフト会議でも2位までには名前が呼ばれそうだ。まだ続いている甲子園大会だが、人生が大きく変わる舞台だった。

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

ネット裏のプロのスカウトも驚いた。現役時代にオリックスでイチロー(現マーリンズ)、阪神で新庄剛志とともに外野を守った阪神の平塚克洋スカウトは「今のプロ野球選手でもなかなかできない。新庄やイチローより上じゃないかな。メジャー級だよ。少し前に守っていたけど、足に自信があるからこそ」と絶賛した。打撃では好投手の上野に3打席まで無安打。それでも8回の第4打席で魅せた。三遊間のゴロで快足を飛ばし、一塁へのヘッドスライディングで内野安打にした。

このプレーを可能にしたのが超人的な千里眼と動物的勘-。「守ってて捕手のマスク越しの表情が分かる」。もちろん常人ならそこまで判別不能。「日本は視力2・0までしか測ってくれないので」と規格外の眼力がインパクトの瞬間を鮮明に捉えられるからこそ、誰よりも早いスタートが切れる。


PAGE TOP