夏の高校野球で注目された選手

オコエ瑠偉, 佐藤世那, 小笠原慎之介, 平沢大河

 夏の甲子園大会も準々決勝のベスト8が出そろい残りは準々決勝、準決勝、決勝のみ、また41校が夢舞台での戦いを終え、甲子園から去った。メディアでも今大会で注目された選手などの特集がされている。

プロのスカウトが注目したのは?

 最も注目されたのは、東海大相模の小笠原慎之介投手と関東第一のオコエ瑠偉選手のようだ。Sportivaの記事では東海大相模の小笠原投手について、プロのスカウトは以下のように話しているという。

○パリーグスカウト:「小笠原は雄星のような柔らかさがある。それに制球は雄星よりいいし、右打者のインコースに決まるクロスファイアは素晴らしい角度で決まる。もちろん、先発で使いたいけど、ショートイニングならすぐ一軍でできるレベルにある」

○パリーグスカウト:「春までは制球がアバウトな感じだったけど、左右のコーナーに投げられるようになった。球速も140キロ前後だったのに、7~8キロは上がっている。真っすぐ以外はよくなかったけど、チェンジアップも使えるようになった」

○セリーグスカウト:「150キロを投げる投手は、大体フィニッシュがぶれてしまうのだけど、小笠原はそれがない。ぶれないところがいい」

またZAKZAK by 夕刊フジのサイトでは、北海道日本ハムの大渕スカウトディレクターが「高校生ではなく大学、社会人を含めたアマチュアの左腕で一番。まず左で150キロを投げられる投手はプロでも少ない。球の質もプロのレベルで遜色ない」と評価している。

これまで150km/h越えの高校生は、球が速いもののコントロールに課題がある投手が多く、球団によっては育てることができずにプロで活躍する姿は見られなかった。しかし小笠原投手は完成度が非常に高く、すぐにでもプロの1軍で投げられる力があると思われる。スカウトも球団も安心して指名できる選手だろう。

 オコエ瑠偉選手については、

○パリーグスカウト:「あの脚力と肩の強さは高校生の時点でこんな奴はいたか?というほど素晴らしい。とにかく走る姿だけで観客がワーッとなるのがすごい。オールスタークラスの選手になる」

と評価が高い一方で、

○セリーグスカウト:「打撃がよくない。トップが取れないし、内角と外角の変化球が打てない。プロで苦労するでしょう」

という声もある。足や肩は申し分なし、あとは打撃でどこまで改善されるかの判断となりそうだ。

 

その他に名前の挙がった選手は?

 その他では仙台育英の平沢大河選手に「彼もこの夏に評価を上げたひとりでしょう。もともとセンバツの時から守備力は高校生ナンバーワンの評価を得ていた。その時よりもバッティングに力強さとパワーが増した。体の軸を使って打てるようになったので打球が素晴らしい」とスカウトが評価している。

 今大会3本塁打を打っている九州国際大付の山本武白志選手について、パリーグのスカウトが「飛ばす力はある」と話し、下位での指名を検討している球団もあるという。東海大相模の吉田凌投手もパリーグのスカウトが「去年から球速が落ちたことで県大会前まではかなり評価を下げていたが、打たせて取る投球術を身につけた。3位よりも上で獲るところはあるだろう」と話し、こちらもプロ志望をすれば指名されそうだ。

 投手では他に花巻東・高橋樹也、秋田商・成田翔投手、仙台育英・佐藤世那投手の東北の3腕に白樺学園の中野祐一郎投手も評価も高い。ほかにも専大松戸の原嵩投手に加え捕手では健大高崎・柘植世那選手、静岡・堀内謙伍捕手、内野手では作新学院・添田真海選手、東海大相模・杉崎成輝選手、関東一・伊藤雅人選手などの名前も挙がっている。

 甲子園に出場した選手はこれから秋の大学のセレクションなどに向けて進路を絞っていくことになる。この中で何人がプロ志望をし、ドラフト会議で指名されるのか注目したい。

ドラフト番付 高校野球・夏の甲子園場所 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

2015年度-高校生のドラフト候補リスト

文句なしの大会ナンバーワン注目選手は、東海大相模の左腕エース・小笠原慎之介。初戦の聖光学院戦では打者2人だけの投球だったが、左腕では甲子園史上3人目となる150キロをマーク。さらに、右打者の外角に鋭く沈むチェンジアップも披露してスピードだけではないことを証明してみせた。

まず、いの一番に名前が挙がるのが、東海大相模の左腕エース、小笠原慎之介投手だ。初戦の12日・聖光学院戦では9回1死から2人に投げただけだったが、最速152キロをマークするなど能力の高さを見せつけた。

 日本ハムの大渕スカウトディレクターは「高校生ではなく大学、社会人を含めたアマチュアの左腕で一番。まず左で150キロを投げられる投手はプロでも少ない。球の質もプロのレベルで遜色ない」と最高級の評価。ドラフトでは1位指名の競合が確実視される。


PAGE TOP