仙台育英、平沢大河選手が打ち佐藤世那投手が抑えてベスト4

仙台育英, 佐藤世那, 平沢大河

 仙台育英も昨年秋に明治神宮大会で優勝をした時の強さを感じさせる。3番平沢大河選手が甲子園2号ホームランで打線に火をつけると、エース・佐藤世那投手が9回2失点完投しベスト4進出を決めた。

鋭いスイング

 平沢大河選手は宮城大会では打率.176と低迷したものの、甲子園では初戦の初打席で低めの球をバックスクリーンに叩き込みチームに勢いをもたらした。続く滝川二戦では5打数ノーヒット、花巻東戦も3打数ノーヒット、この日も4打数で1安打だったが、4回に放ったホームランは秋田商・成田翔投手に手を焼いていた打線に火をつけた。

 甲子園でも17打数3安打だが2本のホームラン、それでも打球は鋭いものが多く、スイングもここまで振れる選手はなかなかいない。守備でも守備範囲の広さや三遊間奥からの強肩を生かしたスローイングなど、高校生ではずば抜けたプレーを見せている。

 今大会の打撃を見たプロのスカウトも「力強さが増している」と評価をした平沢選手、こちらも今大会で評価が跳ね上がっており、ドラフト2位前後での指名がありそうだ。

 

力強い投球

 またエースの佐藤世那投手も今大会は大きく成長をしている。昨年秋の明治神宮大会でのピッチングやセンバツで敦賀気比・平沼翔太投手との投げ合いなどで好投をしているものの、フォークボールなどの変化球が良く、高校生ではトップクラスだが力強さという点ではやや物足りない印象だった。そのため、テイクバックの大きなフォームなどに目がいき、気になる点が目立った。

 しかし今大会は最速146km/hも記録したように、ストレートの力強さが増した。もともと持っているコントロールの良さや変化球もあり、大学や社会人で数年控えるのが惜しいような、プロも十分意識できる投手となった。

 この日は球速よりも変化球を中心に8回まで1失点、9回に2点を失ったものの9回9安打7奪三振2四死球で3失点に抑えた。東海大相模の小笠原慎之介投手に続く大会屈指の投手だろう。進路に注目したい。

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

仙台育英高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

第97回(2015)高校野球選手権大会の出場校と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

右翼ポール際の一発が号砲だった。0-0の四回二死。端正なマスクの平沢が、マウンド上のこれまたイケメン、成田翔をにらみつけた。3球目。136キロの内角寄りの直球を強振した。

 「(武器の)スライダーが来ると思って待っていたけど、体がうまく反応してくれた。記念のホームランボールは家のどこに飾るか考えます」

 甲子園のイケメン対決を制して、9日の明豊(大分)戦に続く2本塁打目。先制弾で打線に着火し、6得点を呼んだ。

 4強入りの瞬間、表情はほとんど変わらなかった。佐藤世は秋田商最後の打者が放った痛烈なピッチャーライナーに素早く反応。ウィニングボールを手に、汗をぬぐいながら整列に加わった。「勝ててホッとしています。今日は状態が悪かったので、気持ちで負けないことだけを考えました」。苦しみながらつかんだ勝利だった。

 9安打7三振で3失点完投。数字だけを見れば、そこまで調子が悪いようには感じられないが、女房役の郡司裕也捕手(3年)は「シュート回転するし、高めに浮くし…。疲れているのを感じました」とエースに連投の影響を感じていた。この日は最速145キロを一度記録したものの、直球にいつもの威力がなかったという。


PAGE TOP