関東第一・オコエ瑠偉選手がプロ志望表明!

オコエ瑠偉, 関東第一

 夏の甲子園大会準々決勝で東海大相模に敗れた関東第一、オコエ瑠偉選手は試合後に、「プロが第一希望です。」とプロ志望を表明した。

飛躍の舞台

 18打数6安打6打点1本塁打、盗塁は0。これがオコエ選手の甲子園4試合の成績で、初戦の高岡商戦こそ4打数3安打4打点だったものの、その後は4打数1安打、5打数1安打、5打数1安打と、中京大中京の上野翔太郎投手、興南の比屋根雅也投手、東海大相模の吉田凌投手・小笠原慎之介投手には抑えられた。また魅力の足に関しても盗塁は0だった。

 それでも、初戦の一塁強襲2ベースや1イニング2本の3ベースヒットから始まり、守備でのスーパーキャッチ、9回の勝ち越しホームランなど、印象に強烈に残るプレーを見せ、甲子園のスターとなった。

 この日は「右投手のスライダーでは今までNO1だった」と吉田凌投手に抑えられたものの、7回にレフト前ヒットを放ちその後ホームを踏んだ。大差をつけられた中で意地の1点を奪った。小笠原慎之介投手との対決では、147km/hの速球で押された。高い壁を最後に感じることもできた甲子園、オコエ選手は、「いいプレーをすれば、観客は沸くし、最高の舞台でした」と話し、最高の飛躍の舞台となった。

 

プロ志望表明

 この日の試合後に、「プロに行っても走攻守トップレベルで勝負できる、今までの日本にはいないような選手になりたい」とはっきりと話し、プロ志望を表明した。

 冷静に評価をすると、抜群の身体能力があり将来は計り知れない選手になる可能性があるものの、打撃の課題はまだまだ多く難しい。しかし甲子園で見せたスター性というものは、技術を習得するよりも難しいもので、その点でドラフト上位候補といえる。

 プロでも前向きに取り組んで、今のスター性を持ちながらじっくりと打撃、守備、走塁の技術を身に着けてほしい。それができれば大スターとして世界を代表する選手になる可能性がある。

2015年度-高校生外野手のドラフト候補リスト

試合後はプロ志望をはっきりと表明した。「プロに行っても走攻守トップレベルで勝負できる、今までの日本にはいないような選手になりたい」。聖地に強烈なインパクトを残した背番号8は大きな目標を掲げた。

試合を重ねるごとに、ファンを魅了した。2回戦では「一塁強襲二塁打」と「1イニング2三塁打」。3回戦では2死満塁のピンチで「ザ・キャッチ」を見せ、準々決勝では決勝の2ラン。この日の最終打席でも小笠原との「ドラフト1位候補対決」に球場全体から惜しみない拍手が送られた。スターの階段を上っている証しだった。

 「一生忘れられない」と振り返るオコエ。甲子園での戦いは終わったが、次なる目標は定まっている。「今まで日本にいないような、走攻守すべてトップレベルの選手になりたい」とプロ志望を表明した。

試合後「プロが第1希望です。プロに行っても走攻守、すべてトップレベルの選手を目指したい。自分がチームを引っ張って行けるよう頑張りたい」と話した。


PAGE TOP