小笠原慎之介投手、高橋純平投手が登板、甲乙つけがたい

小笠原慎之介, 高橋純平

 侍ジャパンU18vs大学代表の対戦、U18代表では今年のドラフト注目選手が続々登場した。

小笠原慎之介投手

 先発したのは小笠原慎之介投手、この日は上体に頼る力任せの投球が目立ち、投球後にバランスを崩す場面も多くみられた。初回にヒットを重ねられ2失点すると、力で抑えようとそれが顕著になった。夏の甲子園の疲労もあってか登板間隔が開いたこともあってか最速も146キロと、力を入れている割には伸びなかった。

 甲子園でも三振があまり奪えずにバットを押し返す力のピッチングだった。大学生でも木製バットなら押し切れるかもと思ったが、やはり大学でもトップレベルの選手でありそれはできなかった。2回5安打3失点、それでもチェンジアップを駆使して4つの三振を奪う。右打者に対する外角の速球の力は、大学生のトップクラスの選手にも通用した。結果としてはよくなかったが、大会に向けて、将来に向けてはまずまずのピッチングだったとみられる。

 

高橋純平投手

 9回に登板したのは高校NO1右腕の高橋純平投手、先日の練習試合でスカウトが言っているように左足に体重が乗り切っていない感じもあったが、それでも最速148キロの速球が威力があった。得意のスライダーは良い球は数球しかなく、大会までに上げてこれるかは課題だが、1回をノーヒット無失点に抑えた力はさすがだった。

 

甲乙つけがたい

 視察した阪神の中村GMは、高橋投手と小笠原投手を比較し「甲乙つけがたい」と話した。ともに本調子ではなかったが、良い部分は存分に見られた。

 左右の違いはあるものの、ともにチームを背負うくらいの力を持っている投手だろう。二人のうち一人に決めなければいけないが、単純に現在のチーム状況を見て先発ローテーションで左が多いか右が多いかという事くらいでしか、絞り込む理由は挙げられないかもしれない。

2015年度-高校生投手のドラフト候補リスト

それでも4三振を奪う意地も見せ「チェンジアップで空振りを取れたのは一番の収穫だった」と手応えをつかんだ様子だった。

今秋ドラフト1位候補に挙げる阪神の中村勝広GMも絶賛。「足が完調ではない中、140キロ後半が出ていた。小笠原と甲乙つけがたいよ」と悩ましい胸中を明かした。


PAGE TOP