東海大菅生・勝俣翔貴選手、静岡・堀内謙伍選手がプロ志望届提出へ

勝俣翔貴, 堀内謙伍, 東海大菅生, 静岡高

 侍ジャパンU18代表で活躍を見せる東海大菅生の勝俣翔貴選手と静岡高の堀内謙伍選手が、プロ志望届を提出することが分かった。

プロへ

 東海大菅生の勝俣翔貴選手は、大学代表との走行試合では6番、その後も一塁などで併用して使われ出場をしていたが、侍ジャパンU18代表で唯一ホームランを放つなど西谷監督の信頼も厚く、3番の打順を最終的に勝ち取った。投手登録だが打者としての評価が高く、勝俣選手も当初より上では打者としてプレーすることを話していた。その勝俣選手は侍ジャパンU18代表の試合が終わった後、東海大菅生の若林監督と進路を相談するもののプロ志望届を提出する。

 また、侍ジャパンU18代表で捕手を務めた堀内謙伍選手がプロ志望届を提出する意思を固めたことが分かった。堀内選手は甲子園で1回戦で敗退後、「今の実力だったら通用しない。大学か社会人で実力をつけてから行きたい」と話していた。しかし侍ジャパンU18代表で、平沢選手や勝俣選手などプロ志望をすることを明らかにしている選手と接し、プロへの思いが強くなったものとみられる。

 一昨日の韓国戦でも中京大中京の上野翔太郎投手を巧みな配球でリードして韓国打線を手玉にとった。この日もスタメン捕手として小笠原慎之介投手、高橋純平投手などドラフト1位候補投手の球を受け、打撃でも5打数2安打1打点と活躍した。静岡高校では強打線の中で4番を務め、プロからも注目される選手だった。

 プロ志望の選手も増え、ドラフト会議がますます楽しみになった。

2015年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2015年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

菅生勝俣、プロ志望届提出へ 日刊スポーツ紙面 2015/9/6

 


PAGE TOP