東海大菅生・勝俣翔貴投手、静岡高・堀内謙伍選手がプロ志望届、ライバルとチームメイト

勝俣翔貴, 堀内謙伍

 9月16日は高校生5人、大学生5人の合わせて10人がプロ志望届提出者として、各連盟から発表された。高校ではU18戦士の東海大菅生・勝俣翔貴選手、静岡高の堀内謙伍選手の2人がプロ志望届を提出した。

ライバルとチームメイト

 高校生では侍ジャパンU18代表の勝俣選手、堀内選手が名を連ねた。勝俣投手は2年生の秋に東海大菅生のエースとして明治神宮大会に出場し、初戦で静岡高校と対戦し鋭いスライダーと144キロの速球で9回9安打11奪三振4失点、自責点2で勝利をし、また打撃でもホームランを放っている。

 しかしセンバツでは初戦の大阪桐蔭戦で4回途中で6失点し降板、その後や野手としてプロ野球でやりたいと話し、プロのスカウトも野手としての力を評価していた。夏は西東京大会決勝で早稲田実に大逆転を許して敗れたものの、侍ジャパンでは力で主軸まで打順を上げ、大会では首位打者と最多打点に輝いた。

 勝俣選手と明治神宮大会で対戦し敗れた静岡高校の4番は堀内謙伍選手だった。2つの四死球で出塁するも3三振を奪われている。その堀内選手も強力な静岡高の4番として注目されたものの、センバツでは3試合10打数2安打、夏の甲子園でも初戦で東海大相模と対戦して4打数2安打も敗退し、プロに行く力がないと社会人に進むことを話していた。

 しかし勝俣選手とともにU18代表としてプレーすると、6試合に出場し16打数7安打と活躍を見せ、勝俣選手などと触れ合う中でプロ入りへの気持ちが強くなった。

 勝俣選手は3位前後で、堀内選手も4位前後で指名されそうだ。プロ入り後の二人の活躍に注目したい。

2015年高校生プロ志望届提出選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

侍ジャパンU18代表、小笠原慎之介投手など8人がプロ志望届提出へ、森下暢仁投手は明大進学も、選手の進路


PAGE TOP