九産大九産・梅野雄吾投手にソフトバンクなど9球団スカウト注目

九産大九産, 梅野雄吾

秋季九州大会の2回戦で、九産大九産の149キロ右腕・梅野雄吾投手が九州学院に9回2失点で完投勝利し、センバツのマウンドに一歩近づいた。

抑え気味も

九産大九産の平川監督は「しばらく投げ込んでおらず、調子は良くなかった」と話し、梅野投手も「球が走らず上体で投げてしまった。納得いかない」と話し、9回を投げて9安打を許した。4回には夏の甲子園で清宮幸太郎選手とともに1年生のスラッガーとして注目された村上宗隆選手にタイムリー2ベースヒットを打たれるなど2点を失った。

しかし球速は145キロを記録し、それ以外のイニングでは0点を並べ、9回を投げて9安打6奪三振1四死球で完投、強豪を下してセンバツに一歩近づいた。九州学院の坂井監督は「ここぞというときにいい球が来ていた。秋の九州大会でここまでいい投手は久しぶり」と話した。

 

9球団スカウト視察

スタンドには福岡ソフトバンクなど9球団のスカウトが視察に訪れた。ソフトバンクの福山スカウトは「身長は173cmだがマウンドでは大きく見える。順調に成長すれば来年はドラフトの上位で名前が挙がるかもしれない」と話した。

梅野投手は中学まで内野手としてプレーしており、この日も抜群のバント処理でピンチを広げなかった。その点も今後評価されていきそうだ。来年のドラフトに向けて、センバツでその投球を見たい投手。

2016年度-九州のドラフト候補リスト

九産大九産高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

梅野雄、不満でも完投 西日本スポーツ紙面 2015/10/26

 


PAGE TOP