東邦・藤嶋健人投手が明治神宮大会出場決定

東邦高, 藤嶋健人

高校野球東海大会では東邦がいなべ総合を下し、明治神宮大会出場を決めた。エースで来年のドラフト候補の藤嶋健人投手は初回に6失点したものの、チームがピンチを救った。

初回6失点

準々決勝で7回ノーヒットノーラン、準決勝では1失点完投勝利で勝ち上がった東邦の藤嶋健人投手だったが、この日は1回に4連打で6失点と連投の疲れもあってか精彩を欠いた。しかし2回からはギアを入れ替えられたという通り球が走り6回までを無失点に抑える。それでも疲れからか7回には3失点と、9回を投げて14安打を許し9失点、9奪三振という内容だった。

それでもチームは1回の裏に2点、3回には藤嶋選手の3ランホームランなどで4点を返して同点に追いつく。6回には3点を奪い勝ち越し、同点に追いつかれても延長10回にサヨナラで勝利し、明治神宮大会出場を決めた。

センバツ出場も出場確実としており、まずは明治神宮大会で大きなアピールができれば、スカウトが1年間注目する選手として各球団の1月のスカウト会議で名前が挙がる事になりそうだ。

2016年度-高校生のドラフト候補リスト

完投&3ラン、東邦・藤嶋 中日スポーツ紙面 2015/10/26

 


PAGE TOP