二松学舎大付・大江竜聖投手、148キロ記録もセンバツ微妙に

二松学舎大付, 大江竜聖

秋季高校野球東京大会は関東第一が優勝した。二松学舎大付はエースの大江竜聖投手が148キロを記録したが、8回9回で失点し敗れた。

最速更新

大江竜聖投手は173cmの左腕投手で、1年夏の東東京大会では帝京高校を下し、何度も準決勝で敗れていたチームを甲子園に導き話題となった。今年に入ると速球の力強さが増し、最速も143キロ、145キロとアップしていた。

この日の関東第一との試合は勝てば3度目の甲子園出場が確実となる試合で、先発した大江選手も7回まで無失点に抑えるなど好投を見せた。しかし8回に2点を失い同点にされると、9回にも2失点し、終盤2イニングで4点を失い3-4で逆転負けを喫した。それでも9回に得点を許した後に自己最速を更新する148キロを記録するなど意地も見せた。9回を投げて8安打5奪三振4失点だった。

 

センバツ出場は?

センバツ出場は微妙となった。出場枠に変更がなければ、関東と東京で合わせて6チームが出場する事になるが、関東のベスト4と東京の優勝チームは確実に出場する。のこり1つを、関東のベスト8のなかから1チームと東京の準優勝チームで争う事になるが、優勝した木更津総合と接戦をして敗れた花咲徳栄と二松学舎大付の争いとなる。共に接戦で敗れているため甲乙つけがたい。

花咲徳栄には高橋昂也投手という注目の左腕投手がおりこちらも注目される。明治神宮大会で、東京か関東の代表が、どちらが良い成績を残すのかも判断の基準となってくる。優勝して明治神宮枠を獲得すれば両チーム出場できる。

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

二松学舎大付高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

秋は3年連続の決勝戦敗退。自己新のMAX148キロを記録しながら4失点の大江は「まだまだ全部、関東第一より下でした」と涙を拭った。

意地は見せた。直後に遊撃に適時安打を許したが、その直球は自己最速を3キロ更新する148キロを表示し、9回8安打4失点(自責3)。2点を追う9回1死三塁では、自ら左翼線に適時二塁打を放った。1年夏から2度の甲子園を経験する左腕は「冬に心、技術面を上げたい」と誓った。


PAGE TOP