清宮世代に注目選手がそろう

増田珠, 宮里豊汰, 岡崎心, 峯村貴希, 村上宗隆

デイリースポーツでは週刊デイリー高校野球で、早稲田実・清宮幸太郎選手の世代に注目スラッガーがそろっていることを紹介している。清宮世代と言われる1年生世代の選手を紹介する。

スラッガー

清宮幸太郎選手は今年の夏の甲子園で3本塁打を放ち、注目に応える活躍を見せた。また侍ジャパンU18代表では西谷監督が4番として使い続けるなど期待も大きい。

その清宮選手と同じ東京で1年生ながら名門の4番を打った選手がいる。帝京高校の4番・岡崎心選手で、夏の東東京大会では1本塁打、この秋も東亜学園戦で特大のホームラン、関東第一戦でも2安打を記録している。

主砲として活躍するが器用な選手で現在は一塁で出場するが、遊撃手への転向の計画もあるようだ。「走ったりつないだり、いろんなことができる3番の方が好き」と話す岡崎選手、思い描く将来像は3拍子揃った3番打者のようだ。

またこの秋に注目されたのが常総学院の1年生・宮里豊汰選手。173cmながら80kgの体があり、この秋は横浜藤平尚真投手から逆転2ランホームラン、木更津総合戦でも3ランホームランを放つなど、4試合で7安打、打率.583、2本塁打、6打点という結果を残した。こちらは「打撃しか自信がない。ホームランを打てる確率を増やしたい」と話し、ホームラン一本に絞っている。

さらに関東では木更津総合の峯村貴希選手に期待が集まる。中学時代に佐倉シニアで日本一となり注目されている選手で、184cmの大型遊撃手として関東大会でも1番ショートで出場し3試合でヒットを放った。プロも注目した檜村篤史選手以上の素質と期待されている。

この他にも横浜高校の増田珠選手は抜群の強肩と鋭い打球を放つ選手、九州学院の4番として甲子園に出場した村上宗隆選手も活躍を見せる。まずはこの秋に名乗りを上げた1年生選手が来年どんな成長を見せるか、そして清宮選手やこれらの選手の活躍を見て、これからも続々と頭角を現す選手が出てくると思う。非常に楽しみな世代となりそうだ。

2017年度-高校生のドラフト候補リスト

清宮世代、逸材ズラリ デイリースポーツ紙面 2015/11/11

 


PAGE TOP