松坂2世、創志学園・高田萌生投手は9回8安打5失点で敗戦

創志学園, 高田萌生

創志学園の150キロ右腕・高田萌生投手は敦賀気比打線に8安打で5失点して敗れた。最速は143キロだった。

まだ線が細く

高田萌生投手は150キロを記録する投手として、また投球フォームも松坂大輔投手に似ていると評判の投手だった。そして夏の岡山大会では惜しくも甲子園を出場を逃したが決勝まで進出、そしてこの秋は中国大会を制して明治神宮大会に出場してセンバツ出場も確実にしている。

注目された全国初舞台だったが、球速は143キロをマーク、伸びる球があり、フォームの柔らかくて素質の良さを十分見せることができた。しかしまだ体の線も細く、腕ももう一段回鋭く振ることができそうな感じで、まだまだ成長できる素材型の投手だと思う。まだ結果をいう段階ではない投手だとは思うが、9回を投げて8安打5失点、全国クラスの打線を持つ敦賀気比にはまだまだという感じだった。

視察した中日・中田スカウト部長は「今はパワー型だが、ヤクルトの由規のようにコンビネーションで抑えられる投手になれる」と評価した。

 

まずはしっかりとした土台を

高田投手は試合後、「もっと流れが読める投手にならなければ。味方が先制した直後にすぐに点を取られていてはいけない。まわりを見られる投手にならなければと思います」と話したが、まずは150キロを1球だけでなく全国の舞台で何度も記録できるように体を一回りも二回りも大きくしてほしい。その上で流れを読んだりするピッチングができればよいが、今のままでそれを目標にしてもスケールが小さくなる。

既にセンバツ出場は当確となっている。そして甲子園は球速が出やすい球場でもある。来年は甲子園で150キロの数字が見られれば、ドラフト指名も当確となってくる。

2016年度-高校生投手のドラフト候補リスト

最速150キロを誇るプロ注目右腕は、初回に143キロをマークしたものの8安打5失点で完投負け。「もっと流れが読める投手にならなければ。味方が先制した直後にすぐに点を取られていてはいけない。まわりを見られる投手にならなければと思います」と唇をかみしめ、来春の雪辱を誓った。


PAGE TOP