敦賀気比・山崎颯一郎投手は7回まで無失点も8回9回で8失点

山崎颯一郎, 敦賀気比

明治神宮大会決勝で敗れた敦賀気比、プロ注目の山崎颯一郎投手はもう一つ壁を破ることができず、課題は来年に持ち越しとなった。

期待の188cm右腕

山崎颯一郎投手は188cmの長身右腕で球速は144km/hを記録する。入学時から期待された投手で昨年の明治神宮大会では九州学院戦で先発を任されるなど、エース平沼翔太投手がいる中で経験を積んでいた。

その平沼投手がセンバツで優勝するなど結果を残し、この秋からはいよいよ山崎投手がエースとして立った。抜群の制球力で明治神宮大会出場を決め、来年のドラフト上位候補として昨年からの成長を期待していたが、今大会は初戦の創志学園戦では9回4安打11奪三振1失点完投をしたものの、青森山田戦はリリーフで登板し1回1/3で1失点、そしてこの日は7回までは無失点に抑えたものの、8回に5安打を集められて5失点、9回には自らのエラーも絡んで3失点、9回156球を投げて13安打9奪三振8失点(自責点7)という内容だった。

もちろん素晴らしい球を投げていた。まだまだ全体的に高い球が多かったが指にかかったボールは素晴らしい回転で高めのボール球でも空振りを奪える球だった。しかし全体的にもう一つ、昨年から変わっていないような印象もある。球速ももちろんだが速球、変化球のキレ、そしてコントロールも四死球は少ない投手だが、四隅に決めるという感じではなくアバウトなところがある。

持っている素質は十分なのだが、今の状態ではドラフトで指名はされるものの5位あたりでという感じだと思う。この冬に大きく成長してくれることを期待したい。春には山崎投手の名前が連日載せられるような活躍を待っている。

敦賀気比高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

3点リードの8回に5安打を浴びて5失点。9回も自身の失策が重なり3点を失った。1メートル88の長身で来秋ドラフト候補にも挙がるエースは「集中力が切れてしまった。実力不足」と猛省。東哲平監督は「投手は投げるだけでは駄目なんです」と史上3校目の連覇が懸かる来春センバツに向け、成長を期待した。


PAGE TOP