選抜準優勝・東海大四の大沢志意也投手が東海大へ、平沼翔太投手・佐藤世那投手・小川良憲投手とLINE

大沢志意也

今年の選抜大会で北海道勢52年ぶりとなる準優勝を果たした東海大四のエース・大沢志意也投手が東海大に合格したことが分かった。センバツで戦った平沼翔太投手・佐藤世那投手・小川良憲投手とLINEで話をしているという。

東海大進学

東海大四の大沢志意也投手は昨年の明治神宮大会準々決勝で浦和学院に0-10、6回コールドで惨敗をしている。しかしそこから成長を遂げるとセンバツでは、初戦の豊橋工戦でプロ注目の森奎真投手と投げ合って3安打10奪三振で完封すると、松山東戦では12奪三振で完投、健大高崎戦では5回から登板して5イニングを無失点に抑えて準決勝に進んだ。

その準決勝では因縁の浦和学院と対戦、秋と同じく江口奨理投手との投げ合いとなった試合は9安打を許しながらも1失点と粘った大沢投手に軍配が上がった。北海道勢52年ぶりの進出となった決勝戦は敦賀気比と対戦、プロ注目だった平沼翔太投手と投げ合い5安打に抑えたものの疲れから5つの四死球で3失点、1-3で敗れ優勝はできなかった。それでも予想を覆す準優勝に盛り上がりを見せた。

プロも注目したが東海大進学を志望しこの日、東海大の合格が決定した。

センバツのライバルたち

センバツ後に敦賀気比の平沼翔太投手からLINEのグループに招待が届いたという。そしてそのメンバーの中には、仙台育英の佐藤世那投手、近江の小川良憲選手がいた。ともにセンバツでプロから注目されていた投手たちだった。

平沼投手は北海道日本ハムのドラフト4位で、佐藤世那投手はオリックスのドラフト6位でプロ野球選手となる。小川良憲投手は駒大への進学が有力となっている。「プロに近づきたいと思って東海大を選んだ。あの2人ぐらいになれば、自分にも可能性はあるのかな。良い選手になれるよう、4年間、しっかりやっていきたい」と話した大沢投手、東海大でまずは全国から集まる選手と先発の争いをし、首都大学リーグのエースとして活躍してプロ入りした二人に追いつきたい。

東海大四高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

高校生の主なプロ志望未提出選手 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

平沼は日本ハム、佐藤はオリックスへの入団が決まった。小川は首都圏の大学に進学予定だ。「プロに近づきたいと思って東海大を選んだ。あの2人ぐらいになれば、自分にも可能性はあるのかな。良い選手になれるよう、4年間、しっかりやっていきたい」。


PAGE TOP