2016年ドラフト候補、高校生北海道編

上出拓真, 倉内凱之, 小沼朱希, 岡島颯, 川村奨一朗, 清水拓莞, 阿部光輝, 阿部陽登, 陣翔大

2016年のドラフト候補になりそうなドラフト候補選手の動画とみんなの評価に登録されている選手を紹介する。今日は北海道の高校生の候補。

強豪校

秋季大会は札幌第一が制しセンバツ出場を確実としている。エースの上出拓真投手は138キロの速球で準々決勝から決勝まで3試合を完投、準決勝の駒大苫小牧戦では3安打9奪三振完封、決勝の北海道栄戦も3安打9奪三振で1失点に抑えた。182cmの右腕でセンバツの注目投手の一人となりそうだ。

準優勝の北海道栄は体のパワーがあり140キロを超す速球を投げているという小沼朱希投手がいるが、試合では制球難を見せたりと早々に降板する場面もあり結果を出せていない。180cm左腕の加藤泰行投手も130キロ後半を投げ期待の素材。

駒大苫小牧は1年時からベンチ入りしているエースの左腕の阿部光輝投手がエース、145キロを投げるという180cm右腕の阿部陽登投手も期待。

センバツ準優勝の東海大四やプロ注目選手のいた北海、白樺学園からはまだ有力な候補は出ていないが、選手層の厚いチームで春から夏にかけて力を見せる選手が出てきそう。北照には181cmの左腕・川村奨一朗投手と、岡島颯捕手の成長が期待される。

その他の逸材

旭川実業の陣翔大選手は180cm80kgの体があり、投げては130キロ後半、打っても2ケタのホームランを放つ。遠投110m、50m6.1秒の足もある身体能力の高さが光り、長打力に魅力があるとのこと。旭川龍谷の清水拓莞投手も中学時代にKボールで全国制覇、181cmの身長があり139キロの速球を投げる。

札幌北斗の佐々木翔理投手は182cmの身長があり140キロを投げ、札幌日大の倉内凱之投手も188cm85kgの体から140キロの速球を投げる。立命館慶祥の塩内雄大選手は181cm80kgの4番打者、帯広緑陽の小阪神威投手も181cmから130キロ台後半の速球を投げる。

双葉高校の角田京介選手は小樽リトルシニアで活躍し、遠投100m、50m6.0秒で走る身体能力の高い外野手とのこと。

ドラフト注目選手はまだいないが、隠れた逸材は多そうだ。

2016年度-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP