2016年ドラフト候補、高校生東北編

三森大貴, 井上涼平, 内山昂思, 堀岡隼人, 大竹樹希哉, 田城飛翔, 種市篤暉, 西巻賢二

2016年のドラフト候補にになりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は東北の高校生の候補。

強豪校

今秋の東北大会は決勝で青森山田が優勝、準優勝も八戸学院光星と青森勢の強さが光った。青森山田のエース・堀岡隼人投手は140キロの速球と沈むスライダーを武器に準々決勝で仙台育英を破ると、3連投で決勝は3安打8奪三振完封と実力を見せつけた。4番遊撃手の三森大貴選手や外野手の内山昂思も有望選手として名前が挙がり、センバツでの戦いが注目される。

八戸学院光星はエースの櫻井一樹投手は172cmと小柄なエースだが変化球を低めに集めるピッチングで準決勝の一関学院戦を7回コールド3安打3奪三振完封、準々決勝で東陵を5安打10奪三振で完封しており、安定感が光る。外野手の田城飛翔選手も3番を打つ。

青森勢では東北大会には出場していないが今年195cmの内沢航大投手が注目された八戸工大一に185cm左腕の石戸谷黛政投手がいる。まだ実績は少ないが大型左腕として活躍を期待、またエースの種市篤暉投手も183cm右腕で141キロの速球とフォークボールが武器の投手。

準決勝で敗退した盛岡大付には190cmの井上涼平投手がいる。まだ投げる試合では被安打も多く。球速も130キロ前半だが、超大型右腕として期待される。一関学院も左腕の大竹樹希哉投手がおり準々決勝は東北高校を5安打5奪三振1失点と完投勝利も準決勝では5回途中で6失点し降板、素質の良い左腕投手として冬の成長に期待したい。

今夏甲子園準優勝の仙台育英は1年生で平沢大河選手の後の遊撃手を守った西巻賢二選手が打線でも1番を打ち、期待の高さを示している。188cmのスラッガーで投手としてもマウンドに立つ福山龍旺選手なども期待されるが、投手でも1年生で佐藤世那投手の弟で1年生の佐藤令央投手もマウンドを経験しており、全中制覇の実力を見せている。

東北高校も投手としても130キロ中盤の速球を投げる熊谷航選手が強肩で強打の内野手として注目される。

聖光学院には鈴木拓人投手が聖光学院独特の回転の良いストレートを投げる。一関学院に1-2で敗れたものの筋の良い投球を見せた。

その他の逸材

聖愛の伊藤瑠投手は184cmの左腕で、元横浜高校の小倉氏が指導に来た時に、松坂大輔になれる存在と評価した。花巻東の熊谷星南選手は183cmの大型セカンドとして期待を集める。

秋田では明桜の松本幸大投手が180cmから140キロの速球を投げ、足も速く身体能力の高い選手と注目される。大館鳳鳴の佐藤宏樹投手も秋田大会2試合完封の左腕で夏にかけて注目投手になってくるかもしれない。

山形では酒田南の石垣雅海選手は180cmの体からホームランを放つスラッガーとして注目、東海大山形にも182cmから140キロ台を記録する有方琢眞投手、186cmの久田温斗投手など期待の選手がいる。

2016年度-東北のドラフト候補リスト


PAGE TOP