2016年ドラフト候補、高校生北信越編

保科広一, 元山飛優, 堀内卓哉, 山崎颯一郎, 林中勇輝, 横越亮祐, 石黒良, 若杉玲哉, 草海光貴, 長瀬厚祐

2016年のドラフト候補にになりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は北信越の高校生候補です。

強豪校

北信越大会を制したのは敦賀気比、平沼翔太投手などが抜けたもののセンバツ優勝を経験した2年生たちも成長し、選手層の厚さを見せた。エースでプロも注目の188cm右腕・山崎颯一郎投手は、2年連続の明治神宮大会のマウンドで登板したものの、昨年同様にヒットを浴びてランナーをためるピッチング、甲子園では素晴らしいピッチングを見せただけにもう一皮むけてほしいという印象が残った。しかし野手では林中勇輝選手が打撃、守備に素晴らしい活躍を見せ、プロでも十分やれるという評価が得られたとみられる。他にも強肩の長瀬厚祐捕手、海野隆一朗投手なども注目。

北陸準優勝の福井勢の福井工大福井はエースの田中嵐士投手が、打球を受けて足を負傷し決勝は登板せずに敗れたが、伸びる速球を投げる179cmの投手でセンバツに期待。ベスト4入りした佐久長聖は遊撃手で1番、3番を打つ元山飛優選手が抜群の野球センスを見せ、林中選手と並んで注目されそうだ。

高岡商にはプロが注目する強肩強打の堀内卓哉捕手がいる。秋季北陸大会では1回戦で4打数1安打2打点、2回戦では4打数1安打に終わったが貴重な捕手の候補という事もあり注目される。

石川県は毎年、星稜、遊学館などからプロ注目の投手が出てくるが、今年も星稜には横越亮祐投手という184cmの右腕がいる。富山商で活躍した森田駿哉投手(現法政大)のいとこでもある。遊学館には185cmの保科広一投手がいる。ハーフで100m11秒3で走る高い身体能力があるが、137キロを投げる大型左腕で投手として期待を集めている。星稜には虎谷貴哉選手という遊撃手も抜群の強肩と身体能力を見せている。

その他の候補

夏の甲子園に出場し2年生ながら完封勝利を挙げた上田西の草海光貴投手は、小柄ながらキレがあり143キロを記録する速球はすばらしい。また打撃センスも高く評価されており、内野手などでも期待されている。

富山国際大付の若杉玲哉投手は182cmの左腕投手で140キロを記録しているという。高岡工芸の石黒良投手もキレの良い速球を投げ、富山にも注目が集まりそうだ。

福井では敦賀気比などに押され気味だが、名門の福井商に吉田充輝投手という182cmの右腕投手がおり、敦賀気比の天下を崩す準備を整えている。

新潟では日本文理に俊足の捧颯人選手などもいるが、1年生の川村啓真選手などの方が目立っていた。夏に向けて来年の3年生の世代の奮起に期待。

2016年度-北信越のドラフト候補リスト


PAGE TOP