2016年ドラフト候補、高校生東海編

2016年のドラフト候補にになりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は東海の高校生候補です。

強豪校

東海大会を制した東邦高校、エースの藤嶋健人投手は146キロの速球で中京戦で7回ノーヒットノーランを記録、また明治神宮大会初戦の秀岳館戦では2本の豪快なホームランを放ち、投手としても野手としてもプロが◎をつける選手となった。投手としては東海大会決勝で9失点とまだ大量失点をする場面もみられるが評価は高い、しかし野手としてはさらに高いレベルまで期待できそうで、野手としてドラフト2位までに消える可能性が高いとみられる。

東邦では控えの松山仁彦投手も143キロを投げ打撃も評価が高く、近久輝投手も荒れ球だが145キロを投げる。捕手の高木舜投手も多彩な投手を引っ張る好選手。

中京高校の今井順之助選手は高校通算40本を記録しているスラッガーだったが、藤嶋投手の前にノーヒットノーランに抑えられる屈辱を味わった。県岐阜商の村橋主晟投手は高橋純平投手からエースを継いだ投手で、180cmから142キロの速球を投げる。東海大会1回戦の享栄戦で8安打完封と粘りのピッチングを見せた。

静岡高校はこの秋は目立たなかったが、1年時からエースとして投げていた村木文哉投手は182cmの長身で球速も146キロを記録、ピリッとしないピッチングも見られるが覚醒の時を待つ。静岡高では甲子園で1番を打ってセンスの良さを見せた鈴木将平選手のリードオフマンとして有力な候補となる。

 

その他の候補

大府高校の浅野亨太投手は178cmの右腕で最速は143キロだが、プロ4球団のスカウトが既に注目している好投手、またこちらもプロがすでに注目している中京大中高の183cm左腕・長谷部銀次投手などがいる。

打者ではすでに30本以上のホームランを放っている愛工大名電・高橋優斗選手、愛知高校の杉山幸太郎選手は通算35本塁打に50m6.1秒の足、さらに矢のような送球を見せる強肩の外野手。

また岡﨑西の釜口航輔選手は180cmの4番打者で普段はセンターを守るが、マウンドに登ると147キロを記録する。

静岡の静清高・横尾蓮太投手は最速145キロの力強い球を投げる右腕で181cmと身長もある。また、プロ入りした小澤玲史投手のいた日大三島は来年のエースは中川真杉投手で130キロ後半の速球を投げる。捕手で打撃もありセカンドまで1.9秒台のスローイングもある土屋大樹選手も注目。常葉橘は179cmの谷脇亮介投手が変化球のキレも良い好投手。

磐田東の左腕・加藤脩平投手、右の187cm・森口佳大投手や飛龍高の188cm右腕・佐藤蓮投手、菊川南陵は元プロ投手の田中幸雄氏が監督だが、182cmの杉浦一平投手と転入してきた強肩強打捕手の叺田本気選手が注目される。掛川西の川合隼人投手、東海大翔洋の石倉康平投手なども注目される。

他にも高校野球熱の高い静岡県には藤枝明誠の伊藤翼咲選手も注目か。187cmの大型選手で投げては141キロ、打っても通算26本塁打を放つ。

三重県では三重高の斉藤隼大選手が小学校6年時にドラゴンズジュニアでプレーし、中学時代は遊撃手、高校では投手としてマウンドに上り140キロを記録している。また津田学園には左腕エースの後藤魁投手を始め、強肩捕手の悦田聖也選手、中学時代にボーイズ日本代表で50m5秒台の足がある濱田大輔選手がいる

岐阜では大垣日大の林紘基選手が1年時から主軸を任され、広角に強い打球を放つ。遊撃手の湯口郁実選手も小柄だが俊敏なプレーを見せる。

2016年度-東海のドラフト候補リスト


PAGE TOP