2016年ドラフト候補、高校生近畿編

2016年のドラフト候補にになりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は近畿の高校生候補です。

強豪校

近畿大会を制し明治時神宮大会でベスト4の大阪桐蔭は、その大会で150キロを記録した180cm左腕の高山優希投手に俄然注目があつまる。先発時は140キロ前後の速球でまとまったピッチングを見せたが、準決勝で9回に登板すると140キロ後半を連発、打者3人から2奪三振、ノーヒットに抑えた。制球はまだまだだが球威だけで押していける力があり、来年の成長に非常に期待される。

しかし近畿NO.1左腕は履正社の寺島成輝選手で揺るがないだろう。183cmの左腕で140キロ後半の速球に変化球を織り交ぜ、低めに集まるコントロールもよく総合的に高校NO.1左腕だろう。ただし夏、秋と大阪桐蔭に敗れてチームを甲子園に導くことができていない。今のままでもドラフト1位指名の可能性は高いが、春、夏に大阪桐蔭にリベンジし実績がついて来れば確実なものとなりそうだ。

今年は左腕投手が集まっている。報徳学園の主島大虎投手は近畿大会1回戦の北大津戦で延長10回で10安打を許したものの2失点完投、続く滋賀学園戦でも延長14回160球を一人で投げぬいた。130キロ後半の速球は球威がある。兵庫では182cmから143キロを投げる長身左腕の東郷太亮投手にもプロが注目している。

野手では岡本和真選手や廣岡大志選手を輩出してきた智弁学園や山本龍河選手などがいた智弁和歌山など強豪でホームランで目立つ選手はまだいない。

 

その他の候補

京都翔英の石原彪捕手はU15代表も経験しており、セカンドまで1.9秒台の送球にプロも注目している。京都外大西の緒方理貢選手は50m5秒台の足と強肩がある素質の高い選手、乙訓の上野晃徳投手は184cmの大型右腕で140キロの速球を投げ、東北楽天オリックスのスカウトが視察に訪れているという。立命館宇治で2年時からエースとして投げている田中覺投手は実績十分。

大阪では大商大堺の神田大雅投手は189cmの大型投手で大阪桐蔭に土をつけた。球速は130キロ中盤だが大型投手として期待される。関西創価の中田聖太郎投手は144キロの速球を投げ、足も速い身体能力の高い選手のようだ。大体大浪商の西田光汰投手も140キロを超す速球で2ケタ三振を奪う投手。大阪桐蔭・履正社の2強に挑む選手たちだ。

好投手のそろう兵庫県では滝川二の友井寛人投手が、根来祥汰選手を注目していた東北楽天スカウトの目に留まっている。長田高校の園田涼輔投手も無名ながら他の選手を見に集まったプロのスカウトの前で好投を見せ、注目される投手となっている。須磨翔風の才木浩人投手も4球団のスカウトが注目しており、強豪私学だけでなく公立にも好投手がそろっている。野手では明石商の小西翔太選手の強打をプロが注目している。

滋賀ではセンバツ出場確実の滋賀学園にも面白い選手がそろうが、近江の京山将弥投手が注目されている。176cmで球速も130キロ台だが、キレのある速球で空振りを奪える投手。比叡山の大原昌樹選手は捕手としても強肩を見せるが、内野手としてもプレーする身体能力の高い選手。

奈良と和歌山は天理、智弁学園、智弁学園で高校トップクラスとなるような選手はおらず混戦となりそうだ。それでも智弁学園のエース・村上頌樹投手は近畿大会で大阪桐蔭に13安打9失点も、奈良県大会では14奪三振、11奪三振など三振を奪うピッチングを見せた。智弁和歌山も野球センスの高さが評価されている野口春樹選手や平田翔真投手がおり選手層は厚い。

2016年度-近畿のドラフト候補リスト


PAGE TOP