2016年ドラフト候補、高校生中国編

2016年ドラフト候補になりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は中国地方の高校生候補です。

強豪校

秋季大会を制したのは創志学園、エースの高田萌生投手は高校1年の時にスカウトのスピードガンで150キロを記録し、フォームが似ていることもあり松坂大輔2世と注目されていた。そしてこの秋は中国大会準決勝の関西高戦で8安打7奪三振完封するなど徐々に投球が良くなり、中国NO.1となって大きな実績を作った。明治神宮大会では敦賀気比戦で8回8安打7奪三振5失点で敗戦、ヒットを打たれながらも粘りのピッチングで完投するスタイルだったが、もう一皮むけて被安打数を少なくしていければ上位候補にも入ってきそうだ。

準優勝の南陽工は藤本大輔投手、重冨将希投手の二人で勝ち上がりセンバツ出場を確実とした。藤本投手は177cmの右腕で球速は141キロ、捕手として強肩を披露していたがエース投手となった。しかし秋はともに故障などで不調、プロ注目投手になるには一回り、二回り成長が必要のようだ。

開星の吉川貴大投手は180cmの体があり140キロを超す速球もありプロが注目している。広島新庄戦では7回コールドながら4安打8奪三振で完封も、準々決勝は4失点、準決勝は5失点だった。また広島新庄の堀瑞輝投手は左の横からキレの良い変化球を投げ、広島大会では呉商戦で15奪三振、広陵戦でも1安打16奪三振で完封するピッチングを見せていたが、中国大会では開星線で7回6安打7失点と大乱調、ドラフト会議で名前が呼ばれるには、ピリッとした投球を見せ続ける必要がある。

夏の甲子園に出場した鳥取城北で1番を打った寺坂黎哉選手は169cmと小柄だが50m5秒台の足がありしっかりした打撃ができる。甲子園では3打数ノーヒットでアピールできなかったが、今年1年間自慢の足でアピールしたい。同じく甲子園に出場した岡山学芸館の大北悠介投手は先発を任され5回6安打2失点、最速145キロを投げる右腕として成長に期待したい。後泰希選手も甲子園で3番を打ち、秋の岡山大会決勝では4安打を記録した。

 

その他の候補

岡山では関西高の小郷賢人投手は1年次に140キロを記録した180cmの右腕、兄の小郷裕哉選手(立正大)は一昨年のドラフト候補だった。岡山理大付の立花海都選手も1年時から注目された選手で、県を代表する強打者。

広島では広陵高校の今西拓弥投手は197cmの大型左腕、球速は130キロ前半だが上原健太投手よりも大きな左腕として注目。崇徳高校の松本龍憲選手は50m5秒台の足のある遊撃手で肩もよいとのこと。広島国際学院の大脊戸汰一選手は50m5秒台の足に11本塁打の長打があり、神辺旭高には寺岡稜亮選手が1塁までのタイムが3.8秒の俊足で高校通算13本を記録しているとのこと。総合技術高の平原真生選手も50m5秒台の足があり、今年は俊足選手に注目か。

島根・大社高の上野南斗投手は177cmの右腕で143キロを投げるとのこと、山口・早鞆の原将輝投手が腕のしなりが素晴らしく回転の良い141キロの速球を投げるという。

2016年度-中国のドラフト候補リスト


PAGE TOP