2016年ドラフト候補、高校生九州編

2016年ドラフト候補になりそうな選手を、ドラフト候補選手の動画とみんなの評価で皆様よりお寄せいただいた情報を元に紹介します。今日は九州の高校生候補です。

強豪校

九州大会を制した秀岳館高校は決勝でも13-2で勝利するなど爆発力を持った打線が特徴で、4番で捕手の九鬼隆平選手の打撃は力強さ威も確実性もある。チームの核としてどっしりと構え落ち着きを与えている印象もうける。原田拓実選手など前後の打者も注目される。投手ではまだ未完の大型右腕・有村大誠投手と、エースとして伸びる球を投げる堀江航平選手もいる。

九州大会で注目されたのは九州産業の梅野雄吾投手。173cmと小柄だが最速は149キロを記録、多彩な変化球もあり福岡大会ではノーヒットノーランを達成し、次の試合でも内野安打1本に抑えた実力がある。

その福岡大会では梅野選手と投げった福岡大大濠の浜地真澄投手が、181cmで146キロを投げており、ノーヒットノーランの試合でも8回5安打5奪三振1失点と好投を見せていた。大型投手として浜地投手の方が注目されるかもしれない。

鹿児島実の4番・綿屋樹選手も強力打線の中心で梅野投手からも4打数2安打2打点を記録、固め打ちもある選手で強い打球を左右に打てる。野手では高校屈指の存在か。

 

その他の候補

宮崎・都城の山本由伸投手は2年夏に151キロを記録しているが、多彩な変化球を操る投手。高校に入ってから投手に本格的に転向しており、経験も体も含めてまだまだ伸びしろがある。

鹿児島・れいめいの太田龍投手は、九州大会で梅野投手を打ち込んだ鹿児島実打線が、太田の球より速く感じなかったと言った右腕で、188cmから145キロの速球を投げる。素質としては今年最も注目される投手になるかもしれない。

佐賀商の龍野瞳依選手は184cm80kgの大型投手、野中翔太選手も1年から4番を打つ180cm87kgの大型選手でスケールの大きさに注目、成長が期待される。

福岡では九産大九州の岩田将貴投手が、サイド気味の左腕投手として甲子園での投球にプロのスカウトも一定の評価を与えた。球速が伸びてくれば指名候補となりそうだ。自由ヶ丘の岩田諒大投手も福岡大大濠の浜地投手と投げ合い140キロの回転の良いストレートを見せた。県立青豊高校には高崎泰也選手という188cm83kgの大型選手がいるようで、投げては140キロ、打っても痛烈な打球を放つようだ。小倉高校の土田天洋はすでに通算30本塁打を放つ右のスラッガー。

大分・明豊の大庭樹也選手は広角にしっかりとしたスイングからの打球を放つ、守備もよく足もあり3拍子揃った180cmの内野手。

熊本・九州学院の松下且興選手は1年秋に2試合連続ホームランを放ち注目された選手で、線は細いもののしっかりと捉えた打球が魅力。体を作り上げて欲しい。熊本工の溝越圭太選手も3拍子揃い、足がある選手。

沖縄では興南高校の比屋根雅也選手が、左からの伸びるストレートで空振りを奪う事ができ、4回10奪三振、6回13奪三振など奪三振率が高い。石川高校のタイシンガー・ブランドン大河投手も140キロの球威のある球を投げる。

2016年度-九州のドラフト候補リスト


PAGE TOP