2016年ドラフト候補の傾向(高校生)

寺島成輝, 林中勇輝, 藤嶋健人

2016年のドラフト候補の傾向について見てみる。大学生の右腕と高校生の左腕に逸材がそろっている。

高校生のドラフト候補の傾向

高校生のドラフト候補、昨年のドラフト候補は現時点では県岐阜商の高橋純平投手がドラフトの目玉とされており、東海大相模の吉田凌投手、左腕の小笠原慎之介投手、敦賀気比の平沼翔太投手、履正社の永谷暢章投手、野手で仙台育英の平沢大河選手、東海大菅生の勝俣翔貴選手を注目選手としていた。最終的にドラフト会議では高橋純平投手と小笠原慎之介投手、平沢大河選手がドラフト1位指名され、急成長したオコエ瑠偉選手もドラフト1位選手となった。右腕、左腕、内野、外野と4つのポジションでドラフト1位指名選手が誕生している。

今年の現時点では、ドラフトの目玉は履正社の左腕・寺島成輝選手が筆頭とみられる。その寺島投手がセンバツ出場はほぼ絶望なため、センバツに向けた盛り上がりが昨年に比べやや欠けている印象もある。そして注目選手としても今年は左腕投手に逸材が多い。花咲徳栄・高橋昂也投手、二松学舎大付・大江竜聖投手、大阪桐蔭・高山優希投手、神戸国際大付・東郷太亮投手、ほかにも木更津総合の早川隆久投手、常総学院の鈴木昭汰投手が挙げられる。この中でセンバツに出場しそうな選手も多く、春は左腕投手が注目されるだろう。

しかし右腕投手にも楽しみな選手が多い。横浜高校の藤平尚真投手、東海大相模・北村朋也投手、敦賀気比・山崎颯一郎投手、つくば秀英の長井良太投手、創志学園・高田萌生投手、福岡大大濠・浜地真澄投手、九産大九産・梅野雄吾投手、都城・山本由伸投手、れいめい・太田龍投手などの名前があがり、150キロをすでに超えている投手が既に3人、ほかも140キロ後半を記録しており期待がかかる。夏の予選ではこれら右腕投手の元にスカウトが足を運ぶ事になりそうだ。

野手のドラフト候補

逆に野手でドラフト1位まで上がってきそうな選手というのは今年は少ないが、東邦の藤嶋健人選手は右のスラッガーとして1位に入ってくる可能性が高いと思う。佐野日大の五十幡亮汰選手は中学陸上界のスターだった選手で野球でも抜群の俊足と強肩で中学時代から注目をされていた。野球の実績では全国大会出場もなく、3年夏に最後のチャンスをかけるが、もともとの素質が十分の選手で、一気に評価が高まる可能性がある。

内野手では敦賀気比の林中勇輝選手の巧みな打撃と180cmの大型遊撃手という点で期待が高く、昨年の平沢大河選手のように春、夏にさらに成長を見せてほしい選手。捕手では秀岳館の九鬼隆平選手の名前も挙がる。個人的に現時点で3位前後で指名されそうな選手だと思う。

傾向は

春は左腕投手に注目が集まり、夏ごろに特に関東と九州の右腕投手が注目を集める事になりそう。夏の甲子園で藤嶋選手と林中選手でが出場すれば、昨年のオコエ瑠偉選手や平沢大河選手、山本武白志選手のようなスター選手になっていくかもしれない。

ドラフト会議では寺島投手を中心に藤嶋健人選手や右腕投手が、ドラフト1位に何人食い込んでくるか注目したい。

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016年度-高校生捕手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

2016年度-高校生外野手のドラフト候補リスト


PAGE TOP