センバツは左腕投手の競演に注目

主島大虎, 内池翔, 大江竜聖, 市岡奏馬, 早川隆久, 鈴木昭汰, 高橋昂也

今年のセンバツは注目左腕投手が続々と出場する事になりそうだ。日刊スポーツでは野球の国からという特集の中で、注目の左腕投手について記事を掲載している。

左腕投手に注目

センバツに出場しそうな注目選手については、センバツ注目選手は?でリストアップしているが、今年は注目される左腕投手がたくさん出場する事になりそうだ。

昨年の関東大会でも、左腕の好投手がそろい踏みした。優勝した木更津総合の早川隆久投手、ベスト4入りした常総学院の鈴木昭汰投手、桐生第一の内池翔投手は、球速は140キロ前半だがそれぞれに特徴がありプロが注目している左腕投手。またベスト8どまりだったものの、早川投手と1-2の投げ合いを見せた花咲徳栄の高橋昂也投手は140キロ中盤を投げる左腕として注目される。

その花咲徳栄と関東・東京の6校目を争うのが東京大会準優勝の二松学舎大付で、1年時からエースとして登板し、甲子園のマウンドも経験している左腕・大江竜聖投手も148キロを記録しぐんぐん成長をしている。どちらかしか見れないのが残念だ。

そして昨年秋の締めくくり、明治神宮大会決勝でも左腕投手が躍動した。大阪桐蔭の左腕エース・高山優希投手が150キロを記録、1イニングの登板だが常時140キロ後半を記録する圧巻の投球を見せた。

他にも報徳学園の左腕・主島大虎選手も140キロのキレの良い球で昨秋近畿大会では延長戦となった2試合を投げ切り24回をなげて3失点と好投、また龍谷大平安の市岡奏馬投手も142キロを記録する左腕投手、昨年センバツには外野手として出場していたが、昨年春季大会から投げ、エースの座をつかんだ。

センバツに出場できなかった今年のドラフト注目のNO.1左腕と言われる履正社・寺島成輝投手にとっても大きな刺激となるだろう。

昨年の高橋純平投手のような飛び抜けた投手がいないとみられる今年のセンバツ大会で、この左腕エースを評価て順位付けをしていくのが楽しみ。

センバツ注目選手は? | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

花咲徳栄のドクターK、高橋昂 日刊スポーツ紙面 2016/1/26

 


PAGE TOP