大阪桐蔭・高山優希投手に阪神スカウト「甲子園でブレークできるか」

大阪桐蔭, 高山優希

デイリースポーツでは、虎が追うのコーナーでセンバツに出場する大阪桐蔭・高山優希投手の特集をしている。阪神・畑山スカウトは「どこまで甲子園でブレークできるか」と期待を寄せる。

昨年秋明治神宮大会で注目

高山優希投手は、昨年のセンバツ大会でも登板をしているが、リリーフとして登板し、130キロ中盤の速球を中心に組み立てる左腕投手で、センバツでも大きな印象を与える投手ではなかった。しかし、昨年秋はエースとして近畿大会でチームを優勝に導き出場した明治神宮大会で、準決勝の高松商戦で9回にリリーフで登板し140キロ後半を連発、最速150キロを記録して集まったスカウトたちにあっと言わせた。

これについて記事では、大阪桐蔭の西谷監督が「もともとあれくら投げられるのを見ている。ただ幅が大きすぎた。日によって120キロ中盤から140キロ台中盤まで差があった」と話す。その日の調子なのか精神的なものなのか、かなりのムラがある投手のようだ。

そして明治神宮大会でも高松商戦で味方の投手が7点を奪われていたのだが、西谷監督は高山投手を送らず、ようやく9回にマウンドにあげた。「ずっと投げたくてウズウズしていた。とにかく負けたくなかった」と登板した高山投手は、あのピッチングを見せた。

 

注目されればどんどん成長する

1月下旬の紅白戦では2回を投げて3奪三振と結果を残し調子を上げているという高山投手、「あれだけ出ることが分かってしまうと、スピードは意識します」と話し、あの投球で自分の力に気が付いたのだろう、あの投球が基本となり一段と成長をしている。甲子園では注目が集まるのは間違いない。その中で、さらに一段上のピッチングを見せてくれるかもしれない。

この高山投手に阪神の畑山スカウトは「手首が立ったまま出てくるから速いボールが投げられる。」と評価し、「どこまで甲子園でブレークできるか」大きく期待を寄せる。

甲子園で見せる高山投手のピッチングが、140キロ後半を連発するようなものか、130キロ台の速球をコントロールよく投げるものか、注目したい。

2016センバツ高校野球大会出場校一覧と注目選手

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

未完の150キロ左腕、大阪桐蔭・高山 デイリースポーツ紙面 2016/2/23

 


PAGE TOP