敦賀気比・山崎颯一郎投手に中日・中田スカウト部長「馬力ある」

山崎颯一郎, 敦賀気比, 林中勇輝

センバツに出場する敦賀気比、エースの山崎颯一郎投手投手は188cmの本格派右腕で、最速は144キロを記録する。昨年夏の甲子園での登板を超えるピッチングを見せてほしい。

昨年夏を超すピッチングを

山崎颯一郎投手は中学時代に世界大会に出場し、当時から大型右腕として注目された。強豪の敦賀気比に入学しても1年目の秋には平沼翔太投手とともに明治神宮大会で先発、苦しいピッチングになったものの全国のレベルを経験させると、2年生の夏の甲子園ではセンバツ優勝の立役者だった平沼翔太投手が疲労で4回で4失点で退くと山崎投手が登板した。

山崎投手は「映像を見ると表情が違った。親からも、あんな顔、初めてみたと言われた」というように甲子園のマウンドが山崎投手を変え、熱のこもったピッチングで2回ノーヒット4奪三振、自己最速となる144キロを記録した。試合はその後再び平沼投手がマウンドに戻り4失点し、なぜ山崎投手を降板させたのかが議論となった。

中日スカウト高評価

山崎投手は昨年秋の明治神宮大会で、創志学園に9回4安打11奪三振1失点完投と好投したが、決勝の高松商戦は7回まで無失点も8回、9回に8失点、13安打を許した。「いつものダメな部分が出た」と話した。

しかし中日の中田スカウト部長は「投手らしい投手。球の切れがあるし馬力もある」と話すと、同じ中日の中原スカウトも「超が付く本格派だけに期待は大きい」と話す。

山崎投手は「この体で144キロは遅い。150キロをバンバン投げてプロに行かないと」と150キロ越えとプロ入りを今年の目標としている。まずはセンバツで成長したピッチングを見せられるか、平沼翔太投手に続き連覇を目指す。

林中勇輝選手も注目

敦賀気比では3番遊撃手の林中勇輝選手も注目を集める。夏の甲子園では2年生ながら3番遊撃手として出場し、初戦の明徳義塾戦ではホームランを放った。2回戦の花巻東戦では4打数ですべて飛球のノーヒットと悔しさを味わったが、明治神宮大会では3試合で13打数5安打5打点と活躍を見せている。

遊撃手の候補として今年は林中選手に注目が集まりそうだ。

敦賀気比高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2016センバツ高校野球大会出場校一覧と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

決意の春!150キロ出し人生変える 敦賀気比・山崎颯一郎投手 西日本スポーツ紙面 2016/3/3

 


PAGE TOP