センバツ出場の東海大甲府・松岡隼祐選手が一皮むけるか、中日スカウトは「周平と違うタイプ」

東海大甲府, 松岡隼祐

中学時代に高校での活躍が非常に楽しみと感じる選手がいる。その一人が東海大甲府・松岡隼祐選手だった。3年生となり2度目の甲子園となるセンバツに出場する松岡選手が一皮むけた活躍を見せてくれるか。

湘南ボーイズ

松岡隼祐選手は湘南ボーイズ出身、昨年夏の甲子園優勝メンバーの小笠原慎之介投手、杉崎成輝選手、長倉蓮選手などの3年生がいた中で、2年生の時に4番を打ちジャイアンツカップでともに優勝をしている。そして高校は東海大甲府に進学、湘南ボーイズから東海大甲府に進んだ選手として思い浮かぶのは高橋周平選手で、松岡選手も大型内野手として期待を受けていた。

昨年夏は甲子園に出場し5番サードでプレーしたものの14打数3安打1打点、小笠原慎之介投手が「俺の球を打ちに来い」と言われていたが、対戦の前に敗退し湘南ボーイズ対決は見られなかった。

秋に疲労骨折

秋には左足くるぶしを疲労骨折し、関東大会は一塁を守っていた。しかし4番として打率.500を記録、9打点を挙げている。甲子園でも秋季大会でもヒットが欲しいために逆方向のヒットが多かったが、この冬は足も完治してパワーアップをし、引っ張って強い打球が打てるようになったという。

現在はサードを守りセンバツに照準を合わせる。中日の石井スカウトは「周平とは違うタイプで、スピードもあって打球も飛ばせる。足も治って子のセンバツは注目」と話した。

湘南ボーイズの先輩は最後の夏を優勝で飾った。そして先輩の高橋周平選手はドラフト1位でプロ入りをした。松岡選手が続いていけるか、期待のシーズンを迎える。

打撃力アップで悲願へ!!東海大甲府・松岡隼祐内野手 西日本スポーツ紙面 2016/3/4

 


PAGE TOP