花咲徳栄・高橋昂也投手が進化、人生を決める1年間に

綱脇慧, 花咲徳栄, 高橋昂也

センバツに出場する花咲徳栄の高橋昂也投手、181cmでしっかりした体がある本格派左腕で最速145キロを投げる投手が、進化を見せている。

進化

高橋昂也投手は、昨年の夏の甲子園でリリーフとして登板し、東海大相模戦では1点リードしている場面で登板したものの、ボークで同点に追いつかれ9回にサヨナラ負けを喫した。強い体から投げられる速球は145キロを記録するなど強い球だが、体が固い感じで上体の力で投げているような感じもあった。

中日の正津スカウトも「夏はもう一つ体が使いきれていなかった」とみていたが、しかし「年明けのブルペンで、かなり良くなっていた。腕の振りもシャープでセンバツが楽しみ」と、一冬を超えて明らかに変わっていることを話した。

この冬は走り込んでどっしりとした土台ができ、それに合わせて体重を乗せてスムーズに移動させるフォームを、徹底して体に覚え込ませた。高橋投手は「真っすぐの質を上げるのが冬のテーマだった。球速もキレも出てきた。分かっていても打てない真っすぐを投げたい」と自信を口にしている。

 

人生を決める1年

高橋投手は「優勝した高校と接戦を演じたのは自信になった」と話したもののやはり「悔しさしか残っていない」と話す。そして今年は「高校最後の年、ここを頑張るかで人生を決める」と話す。プロ入りに強い思いを示していおり、センバツでのピッチングも期待できる。

大型左腕という事もあり、センバツでドラフト上位という評価が定着するようになるかもしれない。

また花咲徳栄では1年生の綱脇慧投手が急成長をしているという。120キロ台だった球速が135キロまで伸び、センバツではベンチ入りとともに公式戦初登板が期待される。

花咲徳栄高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2016年度-高校生投手-左投のドラフト候補リスト

2016センバツ高校野球大会出場校一覧と注目選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

昨夏からの進化を見せたい!!花咲徳栄・高橋昂也投手 西日本スポーツ紙面 2016/3/5

 


PAGE TOP